東京競馬場・芝1800m

■コース解説
このコースは1~2コーナーの間にあるポケットからスタートします。正面から見ると斜めに横切り、向正面の直線に合流するという特殊なコースとなっています。スタートから向正面の合流地点までの距離は約150mあり、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂となります。3~4コーナーにかけては下り坂になっています。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)で、東京競馬場全体の高低差は2.7mあります。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さとなります。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターンで、3mごとに幅員が異なります。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護しています。

位置取りは前に越したことはないですが、速い上がりを求められるため、先行力だけでは切れ負けします。位置取り問わず、余力を持って直線で速い脚を使えるかどうかが好走の条件と言えます。紛れが少なく、能力差が反映されるコースで人気馬の信頼度は高いです。
※2023/04/16更新

■種牡馬ベスト5

順位種牡馬1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1ディープインパクト33252114214.9%26.2%35.7%
2ハーツクライ1716139312.2%23.7%33.1%
3ロードカナロア1111117610.1%20.2%30.3%
4キングカメハメハ9964912.3%24.7%32.9%
5エピファネイア996739.3%18.6%24.7%

※過去3年の集計

■騎手ベスト5

順位騎手1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1C.ルメール3230154725.8%50.0%62.1%
2戸崎 圭太1412135814.4%26.8%40.2%
3M.デムーロ118125512.8%22.1%36.0%
4D.レーン11341039.3%50.0%64.3%
5石橋 脩9855212.2%23.0%29.7%

※過去3年の集計

■脚質

脚質1着2着3着着外勝率連対率3着内率
逃げ24191415011.6%20.8%27.5%
先行73696840611.7%23.3%34.4%
差し5761695957.3%15.1%23.9%
追込2429286393.3%7.4%11.3%

※過去3年の集計

タイトルとURLをコピーしました