東京競馬場・芝1400m

■コース解説
スタート地点は向正面直線の真ん中付近となります。スタート直後の3コーナー手前で緩やかな昇り坂があり、3~4コーナーにかけては下り坂になっています。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂となります(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mあり、最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さとなります。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターンで、3mごとに幅員が異なります。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護しています。

スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、芝1400mという距離のわりにハイペースになりにくいです。やや遅めの平均ペースの競馬が多く、時にスローペースとなることもあります。他の競馬場の芝1400mでは前傾ラップとなりますが、東京競馬場は殆どの条件で後傾ラップとなります。各馬が余力を持って直線に入り、ヨーイドンの上がりの勝負になりやすいです。スピードで押し切るタイプのスプリンターよりも、決め手のあるマイラーが強く、速い上がりが使えれば位置取りは問いません。
※2023/10/08更新

■種牡馬ベスト5

順位種牡馬1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1ロードカナロア26191412514.1%24.5%32.1%
2エピファネイア8157688.2%23.5%30.6%
3ディープインパクト89114810.5%22.4%36.8%
4ダイワメジャー71010786.7%16.2%25.7%
5スクリーンヒーロー772629.0%17.9%20.5%

※過去3年の集計

■騎手ベスト5

順位騎手1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1C.ルメール3122125226.5%45.3%55.6%
2戸崎 圭太1719126515.0%31.9%42.5%
3M.デムーロ1210175013.5%24.7%43.8%
4三浦 皇成10128779.3%20.6%28.0%
5田辺 裕信10715729.6%16.3%30.8%

※過去3年の集計

■脚質

脚質1着2着3着着外勝率連対率3着内率
逃げ27191912913.9%23.7%33.5%
先行6873674919.7%20.2%29.8%
差し7172738866.5%13.1%19.7%
追込2730378352.9%6.1%10.1%

※過去3年の集計

タイトルとURLをコピーしました