東京競馬場・芝2000m

■コース解説
このコースは1コーナー奥のポケットからスタートします。スタート後、約100m進んだところに左へ曲がる大きなカーブがあります。向正面の長い直線を走り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂となります。3~4コーナーにかけては下り坂になっています。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)で、東京競馬場全体の高低差は2.7mあります。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さです。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターンで、3mごとに幅員が異なります。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護しています。

当該コースで天皇賞(秋)、フローラSの2重賞が行われますが、天皇賞は上がり最速馬が活躍し、フローラSはタフさが求められるレースになり易いです。また、連続開催が行われる序盤は馬場状態をキープするためか、芝丈も長く、差しの効く傾向がみられます。瞬発力と地力がより求められてくるコースです。
※2023/04/16更新

■種牡馬ベスト5

順位種牡馬1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1ディープインパクト1626171119.4%24.7%34.7%
2ハーツクライ1311128111.1%20.5%30.8%
3モーリス10742322.7%38.6%47.7%
4キズナ8332222.2%30.6%38.9%
5エピファネイア8253914.8%18.5%27.8%

※過去3年の集計

■騎手ベスト5

順位騎手1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1C.ルメール3113163233.7%47.8%65.2%
2戸崎 圭太9574613.4%20.9%31.3%
3横山 武史9494214.1%20.3%34.4%
4M.デムーロ77144210.0%20.0%40.0%
5田辺 裕信7655210.0%18.6%25.7%

※過去3年の集計

■脚質

脚質1着2着3着着外勝率連対率3着内率
逃げ2722108019.4%35.3%42.4%
先行59464929813.1%23.2%34.1%
差し3046413496.4%16.3%25.1%
追込1719334003.6%7.7%14.7%

※過去3年の集計

タイトルとURLをコピーしました