阪神競馬場・ダート1200m

■コース解説
このコースのスタート地点は向正面直線の左端で、2コーナー出口からとなります。最初の3コーナーまでの距離は342mあります。スタートしてから200mは平坦で、残り1000mから緩い下り坂となります。4コーナー出口まで下りが続き、最後の直線距離は352.7mあり、残り200mが急坂となっています。

先行勢が有利で、ダートの短距離ゆえに前傾ラップとなりますが、スタート後の直線が短いためか、同じ阪神ダート1400mに比べてもそこまでテン争いは激しくなりません。一方で、最後の急坂が控えるだけに、京都のダート1200mよりは前残りにはなりにくく、クラスが上がるとこの傾向が顕著になります。
※2023/11/23更新

■種牡馬ベスト5

順位 種牡馬 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1 ヘニーヒューズ 19 25 16 138 9.6% 22.2% 30.3%
2 サウスヴィグラス 14 10 10 118 9.2% 15.8% 22.4%
3 シニスターミニスター 12 10 5 75 11.8% 21.6% 26.5%
4 ロードカナロア 11 15 18 133 6.2% 14.7% 24.9%
5 キンシャサノキセキ 10 13 18 94 7.4% 17.0% 30.4%

※過去3年の集計

■騎手ベスト5

順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1 岩田 望来 23 14 16 89 16.2% 26.1% 37.3%
2 川田 将雅 23 10 5 21 39.0% 55.9% 64.4%
3 松山 弘平 16 16 15 87 11.9% 23.9% 35.1%
4 幸 英明 14 14 14 140 7.7% 15.4% 23.1%
5 川須 栄彦 12 14 7 104 8.8% 19.0% 24.1%

※過去3年の集計

■脚質

脚質 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
逃げ 63 45 36 146 21.7% 37.2% 49.7%
先行 153 134 121 643 14.6% 27.3% 38.8%
差し 61 90 93 1252 4.1% 10.1% 16.3%
追込 13 22 39 1326 0.9% 2.5% 5.3%

※過去3年の集計

 
 
■阪神競馬場

1200m 1400m 1600m 1800m
2000m 2200m 2400m 2600m
3000m
1200m 1400m 1800m 2000m

■その他競馬場データ

タイトルとURLをコピーしました