第61回大阪杯(GⅠ)攻略データ(1)

第61回大阪杯(GⅠ)攻略データ(1)

大阪杯(GⅠ)は阪神競馬場・芝・右2000mで行われます。このコースはスタンド前直線からスタートし、1コーナーまでの距離は325mあります。スタート直後は上り坂であまりペースは上がらないのが特徴です。さらにインにこだわるべきコースと言われており、データからは先行有利となっています。枠順、メンバー構成からスムーズに先行できそうな馬を狙っていくのが馬券の的中につながります。今年からG1に昇格した大阪杯ですが、昨年までの産経大阪杯と開催時期、開催場所、距離も変わりませんので過去のデータは利用できるかと思います。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探してきましょう。

①過去1年以内に芝2000mの牡馬混合G1で1着
13年 5番人気3着エイシンフラッシュ(天皇賞秋 1着)
12年 2番人気3着トーセンジョーダン(天皇賞秋 1着)
07年 1番人気1着メイショウサムソン(皐月賞 1着)

【該当馬】
ディーマジェスティ

②前年のJCもしくは有馬記念で連対
16年 4番人気3着ショウナンパンドラ(ジャパンC 1着)
13年 1番人気1着オルフェーヴル(ジャパンC 2着)
10年 1番人気3着ドリームジャーニー(有馬記念 2着)
09年 1番人気2着ディープスカイ(ジャパンC 2着)
08年 1番人気1着ダイワスカーレット(有馬記念 2着)

【該当馬】
キタサンブラック

③過去に阪神芝2000mの牡馬混合別定G2で連対
15年 1番人気2着キズナ(14年産経大阪杯 1着)
13年 2番人気2着ショウナンマイティ(12年産経大阪杯 1着)

【該当馬】
アンビシャスキタサンブラック

④同年に芝1800~2200mのG2以上で5着以内
16年 2番人気1着アンビシャス(中山記念 2着)
15年 6番人気3着エアソミュール(AJC杯 3着)
12年 1番人気2着フェデラリスト(中山記念 1着)
11年 1番人気1着ヒルノダムール(京都記念 3着)
10年 6番人気1着テイエムアンコール(中山記念 2着)
10年 9番人気2着ゴールデンダリア(AJC杯 5着)
09年 3番人気1着ドリームジャーニー(中山記念 2着)
09年 4番人気3着カワカミプリンセス(京都記念 4着)
07年 2番人気2着シャドウゲイト(中山記念 4着)

【該当馬】
アングライフェンアンビシャスサクラアンプルールサトノクラウンスズカデヴィアスマカヒキミッキーロケットヤマカツエースロードヴァンドール

⑤同年にOPクラスの芝1600m以上で連対
12年 6番人気1着ショウナンマイティ(大阪城S 2着)
08年 7番人気2着エイシンデピュティ(京都金杯 1着)

【該当馬】
サクラアンプルールサトノクラウンスズカデヴィアスマルターズアポジーミッキーロケットヤマカツエースロードヴァンドール

⑥過去1年以内に芝2000m以上の牡馬混合G1で連対
16年 5番人気2着キタサンブラック(菊花賞 1着)
14年 2番人気1着キズナ(日本ダービー 1着)
14年 1番人気2着エピファネイア(菊花賞 1着ほか)
11年 3番人気3着エイシンフラッシュ(日本ダービー 1着)
08年 4番人気3着アサクサキングス(菊花賞 1着)

【該当馬】
キタサンブラックサトノクラウンディーマジェスティマカヒキ

⑦過去1年以内に1000万クラス以上の芝2000mで1着
11年 8番人気2着ダークシャドウ(調布特別 1着 ※東京芝2000)
07年 8番人気3着メイショウオウテ(比叡S 1着)

【該当馬】
アングライフェンアンビシャスサクラアンプルールスズカデヴィアスディーマジェスティマルターズアポジーミッキーロケットヤマカツエースロードヴァンドール

⑧過去1年以内に芝2000m以上のG1で1着
15年 4番人気1着ラキシス(エリザベス女王杯 1着)

【該当馬】
キタサンブラックサトノクラウンディーマジェスティマカヒキ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は12頭(全15頭)と多くの馬が該当しました。さすがG1戦といった感じですが、とりあえず本日のデータのみで評価するとディーマジェスティ、キタサンブラック、サトノクラウンあたりが面白そうです。そのなかでも【馬の名前は人気ブログランキングで確認】とサトノクラウンは先行できる馬なので内枠をひけた方を狙ってみたいと思います。