第65回阪神大賞典(GⅡ)攻略データ(1)

第65回阪神大賞典(GⅡ)攻略データ(1)

阪神大賞典(GⅡ)は阪神競馬場・芝・右3000mで行われます。このコースはコーナーを6回通過し、スタートからゴールまでは約1周半となります。スタートして最初の3コーナーまでの間に先行争いが激しくなる場合もありますが、その後は完全にペースダウンします。2週目の3コーナーまでは淡々と流れ、その後は一気に加速してゴールまで激しい追い比べとなります。スローペースからの上り勝負が基本です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中28頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①過去1年以内に芝2200m以上の古馬混合G2以上で連対、かつ過去に芝3000m以上のG1で連対
15年 1番人気1着ゴールドシップ(宝塚記念 1着/12年菊花賞 1着)
14年 1番人気1着ゴールドシップ(宝塚記念 1着/12年菊花賞 1着)
13年 1番人気1着ゴールドシップ(有馬記念 1着/12年菊花賞 1着)
12年 1番人気2着オルフェーヴル(有馬記念 1着/11年菊花賞 1着)
09年 2番人気1着アサクサキングス(京都記念 1着/07年菊花賞 1着)
08年 1番人気3着ポップロック(JC 2着/06年メルボルンC 2着)
07年 1番人気2着ドリームパスポート(JC 2着/06年菊花賞 2着)

【該当馬】
サトノダイヤモンド

②前年10月以降にOPクラスの芝3000m以上で1着
12年 3番人気2着デスペラード(万葉S 1着)
11年 1番人気2着コスモメドウ(ダイヤモンドS 1着ほか)
10年 5番人気1着トウカイトリック(万葉S 1着)
07年 2番人気1着アイポッパー(ステイヤーズS 1着)
07年 3番人気3着トウカイトリック(ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
サトノダイヤモンドタマモベストプレイ

③過去に芝3000m以上の重賞で5着以内の実績がある4歳馬
16年 4番に気2着タンタアレグリア(菊花賞 4着ほか)
14年 3番人気3着バンデ(菊花賞 3着)
12年 3番人気1着ギュスターヴクライ(ダイヤモンドS 2着)
09年 4番人気3着ナムラクレセント(菊花賞 3着)

【該当馬】
サトノダイヤモンド

④過去に芝3000m以上のG1で3着以内
13年 3番人気3着フォゲッタブル(09年菊花賞 2着)
12年 5番人気3着ナムラクレセント(11年天皇賞春 3着)
11年 3番人気1着ナムラクレセント(08年菊花賞 3着)
08年 5番人気2着アイポッパー(05年天皇賞春 3着)

【該当馬】
サトノダイヤモンドシュヴァルグラン

⑤前年10月以降に準OPクラス以上の芝・ダ1800m以上で1着
16年 1番人気1着シュヴァルグラン(オリオンS 1着)
15年 2番人気3着ラストインパクト(京都大賞典 1着ほか)
10年 4番人気2着ジャミール(迎春S 1着)
10年 1番人気3着メイショウベルーガ(日経新春杯 1着)
09年 6番人気2着ヒカルカザブエ(元町S 1着)
08年 4番人気1着アドマイヤジュピタ(アルゼンチン共和国杯 1着)

【該当馬】
サトノダイヤモンドシュヴァルグランスピリッツミノルタマモベストプレイトーセンバジル

⑥同年にOPクラスの芝3000m以上で連対、かつ過去に芝3000m以上の重賞で1着
11年 6番人気3着モンテクリスエス(万葉S 2着、09年ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
該当馬なし

⑧過去に芝3000m以上の重賞で1着
14年 5番人気2着アドマイヤラクティ(13年ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
サトノダイヤモンドシュヴァルグラン

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は5頭(全10頭)です。やはり注目は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】ですが、本日のデータからは圧倒的な存在です。出走登録馬も10頭と少なく大本命の馬がいるので馬券的には面白くないですが、きっちり当てたいですね。