第59回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)攻略データ(1)

第59回報知杯弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)攻略データ(1)

弥生賞(GⅡ)は中山競馬場・芝・右2000mで行われます。このコースは1800mのスタート地点から200m下がったところからスタートし、1コーナーまでの距離は405mあります。最初のコーナーまでの距離が十分あり、テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向です。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着くため、ペースはさほど速くはなりません。脚質的には先行馬が強く、更に後半は長く良い脚を求められます。ゴール前の急坂を2回超えるため、タフさも要求されます。また、マクリもハマり易いのも特徴で、騎手の腕一つで結果を左右する事も少なくありません。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬をさがしていきます。

①前走芝2000mの重賞で1着を含み連勝中
21年 1番人気ダノンザキッド(ホープフルS 1着 / 東京スポーツ杯2歳S 1着 / 新馬 1着 ※阪神芝1800)

【該当馬】
ジャスティンロック

②同年1月以降にOPクラスの芝1800m~2000mで3着内
17年 5番人気3着ダンビュライト(きさらぎ賞 3着)
16年 2番人気1着マカヒキ(若駒S 1着)
14年 1番人気1着トゥザワールド(若駒S 1着)
14年 2番人気3着アデイインザライフ(京成杯 3着)

【該当馬】
マテンロウレオメイショウゲキリンリューベックロジハービン

③前年の朝日杯FSで連対
18年 1番人気1着ダノンプレミアム(朝日杯FS 1着)
16年 1番人気2着リオンディーズ(朝日杯FS 1着)
16年 3番人気3着エアスピネル(朝日杯FS 2着)
13年 2番人気3着コディーノ(朝日杯FS 2着)

【該当馬】
ドウデュース

④過去にOPクラスの芝2000mで連対
20年 3番人気3着オーソリティ(芙蓉S 1着)
19年 4番人気3着ブレイキングドーン(京都2歳S 2着)
18年 4番人気3着ジャンダルム(ホープフルS 2着)
17年 1番人気1着カデナ(京都2歳S 1着)
14年 4番人気2着ワンアンドオンリー(ラジオNIKKEI杯2歳S 1着)
12年 3番人気2着トリップ(京都2歳S 2着)

【該当馬】
ジャスティンロックマテンロウレオラーグルフリューベックロジハービン

⑤過去にOPクラスの芝1400~1800mで連対
21年 4番人気1着タイトルホルダー(東京スポーツ杯2歳S 2着)
20年 1番人気2着ワーケア(アイビーS 1着)
18年 2番人気2着ワグネリアン(東京スポーツ杯2歳S 1着)
15年 2番人気1着サトノクラウン(東京スポーツ杯2歳S 1着)
15年 4番人気2着ブライトエンブレム(札幌2歳S 1着)
15年 10番人気3着タガノエスプレッソ (デイリー杯2歳S 1着)
12年 5番人気3着アーデント(いちょうS 1着)

【該当馬】
インダストリアドウデュース

⑥前走1勝クラス以上の芝1600m以上で連対
21年 2番人気2着シュネルマイスター(ひいらぎ賞 1着)
20年 2番人気1着サトノフラッグ(1勝クラス 1着)
17年 8番人気2着マイスタイル(こぶし賞 1着)
13年 6番人気1着カミノタサハラ(500万 1着)

【該当馬】
アスクビクターモアインダストリアジャスティンロックドウデュースマテンロウレオリューベックロジハービン

⑦前走芝1600m以上で1着(ただし、キャリア3戦以下)
19年 6番人気2着シュヴァルツリーゼ(新馬 1着 ※東京芝1800)

【該当馬】
インダストリアジャスティンロックドウデュースマテンロウレオリューベック

⑧過去に1勝クラス以上の中山芝1800~2000mで1着
13年 10番人気2着ミヤジタイガ(アスター賞 1着)
12年 9番人気1着コスモオオゾラ(葉牡丹賞 1着)

【該当馬】
アスクビクターモアボーンディスウェイラーグルフ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は10頭(全12頭)です。殆どの馬がクリアしましたが、この中でもジャスティンロック、マテンロウレオ、リューベック、ドウデュースあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はドウデュースとしておきます。