第52回京都牝馬ステークス(GⅢ)最終予想

第52回京都牝馬ステークス(GⅢ)最終予想

京都牝馬ステークス(GⅢ)の最終予想に入ります。2月18日10時54分現在の単勝オッズはレッツゴードンキが3.7倍で1番人気。続いて4.7倍でアットザシーサイド、5.5倍でアルビアーノとなっております。実績を考えればレッツゴードンキが1番人気になるのがあたりまえですが、抜けた存在とまでは言えないかと思います。出走馬全体の差もそれほどありませんので予想はかなり悩みました。

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっています。

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
アットザシーサイド、エテルナミノル、スナッチマインド、フィドゥーシア、レッツゴードンキ

【実績データ評価(上位5頭)】
アルビアーノ、スナッチマインド、ウリウリ、レッツゴードンキ、アットザシーサイド

Advertisement

データ集計結果は以下のとおりとなりました。

アットザシーサイド 3P
レッツゴードンキ 2.5P
スナッチマインド 2P
エテルナミノル 1.5P
ワンスインナムーン 1.5P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 2 アットザシーサイド
昨年の桜花賞3着馬で京都も2戦2勝と相性も良さそうなので本命候補としました。G3以下戦ならば間違いなく末脚は上位の馬なので、外が伸び始めた今ならば上位入賞は間違いないでしょう。鞍上がM.デムーロ騎手に変更になったのも好材料です。

○ 10 レッツゴードンキ
間違いなく実績はメンバーNo.1です。3歳秋から1年間不調な時期が続きましたが、昨年の秋から調子を取り戻してきているので今回も後方からズバッとくる可能性は非常に高いです。あとは後方からの競馬となると思いますので馬群をさけて外へいくのか、岩田騎手なのでスッと内に入れるのか気になるところです。

▲ 4 アルビアーノ
重賞戦で安定した走りをしているので評価はできますが、「善戦」といったイメージが強くなかなか勝ちきれないので▲評価としました。ただ、馬券的中を考えるのであるならばアルビアーノを軸にという考えも正解かもしれません。

△ 6 スナッチマインド
☆ 5 エテルナミノル
注 15 ワンスインナムーン