第64回産経賞オールカマー(GⅡ)攻略データ(3)

第64回産経賞オールカマー(GⅡ)攻略データ(3)

オールカマー(GⅡ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。

それでは産経賞オールカマー(GⅡ)の実績データをみてみましょう。

【中山競馬場芝実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
アルアイン (1-1-0-0)
ミライヘノツバサ (4-2-2-1)
ダンビュライト (1-0-2-0)
レイデオロ (2-0-0-1)
エアアンセム (2-2-2-2)

【右回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
アルアイン (4-2-1-2)
レイデオロ (3-0-1-1)
ゴールドアクター (7-2-2-6)
ミライヘノツバサ (4-2-2-4)
ブライトバローズ (3-4-0-6)

【距離適性(芝2000m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
レイデオロ (3-0-0-1)
アルアイン (1-0-1-0)
ミライヘノツバサ (1-1-1-1)
ダンビュライト (1-0-2-1)
エアアンセム (3-1-4-5)

【距離適性(芝2200m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
ミライヘノツバサ (3-0-1-0)
ゴールドアクター (2-2-0-1)
ダンビュライト (1-0-0-1)
ショウナンバッハ (1-0-2-6)

【距離適性(芝2400m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
レイデオロ (2-1-0-0)
ガンコ (2-0-1-0)
ブライトバローズ (1-0-0-1)
ゴールドアクター (1-1-0-2)

【距離適性(芝2000m最速タイム)】
アルアイン 1.57.8(中山 17.04)
ダンビュライト 1.57.9(中山 17.04)
マイネルミラノ 1.57.9(新潟 16.09)
ショウナンバッハ 1.57.9(新潟 18.09)
マイネルフロスト 1.58.1(新潟 17.09)

【距離適性(芝2200m最速タイム)】
ゴールドアクター 2.11.5(阪神 17.06)
ショウナンバッハ 2.11.9(新潟 15.08)
ミライヘノツバサ 2.12.2(中山 17.01)
ダンビュライト 2.12.3(阪神 18.06)
マイネルフロスト 2.12.3(中山 16.01)

【距離適性(芝2400m最速タイム)】
レイデオロ 2.23.9(東京 17.11)
マイネルフロスト 2.24.9(東京 14.06)
ガンコ 2.25.0(阪神 17.12)
ブライトバローズ 2.25.1(東京 17.10)
ダンビュライト 2.25.2(阪神 17.09)
ショウナンバッハ 2.25.2(東京 15.11)

【上り3F平均タイム】
ショウナンバッハ 34.71
エアアンセム 34.72
レイデオロ 34.73
ブラックバゴ 34.85
アルアイン 34.95

Advertisement

実績データの結果は以下の通りです。

レイデオロ 24P (6項目該当)
アルアイン 20P (5項目該当)
ミライヘノツバサ 17P (5項目該当)
ショウナンバッハ 16P (5項目該当)
ダンビュライト 15P (6項目該当)

攻略データ(1)~(3)まですべて満たしている馬はアルアイン、ダンビュライト、レイデオロ、ミライヘノツバサの4頭です。この4頭を中心に最終予想をしていきますが、アルアインは中団の内ラチ沿い、ダンビュライトは内枠を引けたので好位を追走、レイデオロはダンビュライトの後ろあたりの馬群中央を追走、ミライヘノツバサはガンコとのハナ争いといった感じになるのかなと考えています。現時点での本命は変わらず【馬の名前は人気ブログランキングで確認】としておきますが、後方からの競馬にならなければ勝ってくれると思います。ま~鞍上がC.ルメール騎手なのでそんな心配はいらないですね(笑)。