第67回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第67回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(1)

ダイヤモンドステークス(GⅢ)は東京競馬場・芝・左3400mで行われます。このコースは向正面の直線半ばからスタートし、最初の3コーナーまでの直線距離は260mあります。下りスタートから合計4回坂を上ることが特徴です。極端なスローペースになると馬郡が広がってしまうので外を回ると距離損は大きいため、できれば内々をロスなく回りたいところです。基本的には差し馬が有利ですが、最終コーナーで好位にいた馬が1頭馬券に絡むことも多いです。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬をさがしていきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年の万葉Sで3着以内、かつ過去に芝の重賞で3着以内
08年 1番人気1着アドマイヤモナーク(万葉S 1着/日経新春杯 1着)
07年 1番人気1着トウカイトリック(万葉S 2着/06年ステイヤーズS 2着ほか)

【該当馬】
該当馬なし

②同年の万葉Sで7着以内
16年 4番人気1着トゥインクル(万葉S 5着)
14年 3番人気3着タニノエポレット(万葉S 1着)
11年 2番人気1着コスモメドウ (万葉S 1着)
10年 10番人気3着ドリームフライト(万葉S 7着)
09年 12番人気2着ブレーヴハート(万葉S 4着)

【該当馬】
ラブラドライト

③前年12月以降に準OPクラスの中山芝2500mで3着以内
09年 2番人気1着モンテクリスエス(迎春S 2着)
08年 2番人気2着コンラッド(迎春S 1着)

【該当馬】
カフジプリンス

④前年12月以降に準OPクラス以上の芝2400m以上で5着以内
15年 2番人気2着ファタモルガーナ(ステイヤーズS 2着)
15年 8番人気3着カムフィー(早春S 4着)
13年 6番人気3着メイショウカドマツ(松籟S 1着)
12年 1番人気2着ギュスターヴクライ(早春S 1着)
12年 2番人気3着スマートロビン(日経新春杯 5着)
11年 6番人気3着キタサンアミーゴ (松籟S 1着)
07年 6番人気2着エリモエクスパイア(オリオンS 4着)
07年 10番人気3着アドバンテージ(迎春S 4着)

【該当馬】
アルバートカフジプリンスファタモルガーナプレストウィックラブラドライト

⑤前走1000万クラス以上の芝2200m以上で5着以内
14年 1番人気1着フェイムゲーム(アメリカジョッキーCC 3着)
13年 1番人気1着アドマイヤラクティ(アメリカジョッキーCC 3着)
10年 4番人気2着ベルウッドローツェ(グッドラックHC 1着)
09年 7番人気3着スノークラッシャー(初咲特別 1着)
08年 12番人気3着レーザーズエッジ(許波多特別 4着)

【該当馬】
カフジプリンスファタモルガーナフジマサエンペラープレストウィックラブラドライト

⑥過去1年以内に芝2000m以上の重賞で5着以内
16年 2番人気2着フェイムゲーム(天皇賞(春) 2着ほか)
16年 8番人気3着ファタモルガーナ(目黒記念 3着 ほか)
15年 1番人気1着フェイムゲーム(アルゼンチン共和国杯 1着ほか)
13年 4番人気2着ジャガーメイル(天皇賞(春) 4着ほか)
11年 8番人気2着コスモヘレノス (ステイヤーズS 1着ほか)
10年 1番人気1着フォゲッタブル(ステイヤーズS 1着ほか)

【該当馬】
アルバートカフジプリンスファタモルガーナフェイムゲームプレストウィック

⑦過去1年以内にOP以上東京芝2400m以上で1着
12年 15番人気1着ケイアイドウソジン(メトロポリタンS 1着)

【該当馬】
該当馬なし

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は7頭(全17頭)です。本日のデータでの注目は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】です。前走の日経新春杯は5着に敗れはしたものの、良い脚を使って追い上げてきたことは評価できると思います。昨年の神戸新聞杯でも同世代を代表するメンバー相手に健闘していますのでここでもやれるでしょう。

次に気になるのは昨年末のステイヤーズSを勝ち馬アルバートです。今回のメンバー内では実績No.1ですし、長距離は得意中の得意なので上位入選は間違いないでしょう。あとはG2、G3クラスの長距離戦では必ずと言っていいほど上位に食い込むファタモルガーナ、格下クラスではありますがプレストウィック、ラブラドライトあたりが面白そうです。