第21回東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第21回東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)は1番人気が(5-2-0-3)と信頼度は高めです。前走のクラス別でみてみると新馬戦が(6-0-2-24)と6勝もあげており、血統別でみてみるとサンデーサイレンス系が(5-5-5-60)と好走していますが、ミスプロ系も(3-2-2-8)と侮れません。東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)は『1番人気』、『前走新馬戦』、『サンデーサイレンス系、ミスプロ系』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走0.3秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-29)です。
【該当馬】
ショワドゥロワ

②前走重賞・OP特別戦に出走し、5番人気以下だった馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
オーバースペックショワドゥロワトラスト

③前走未勝利戦出走馬は(1-2-5-37)ですが、このうち今回斤量増の馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
ジュンヴァリアス

④前走未勝利戦出走馬は(1-2-5-37)ですが、このうち前走4番人気以下だった馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
マイネルエパティカ

⑤前走ダート戦出走馬は(0-0-0-6)です。
【該当馬】
エルデュクラージュ

⑥前走3着以下だった馬は(0-2-2-50)と未勝利ですが、このうち今回斤量増の馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
ショワドゥロワ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は4頭(全10頭)です。さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮すると【馬の名前は人気ブログランキングで確認】が面白そうです。重賞連対馬が3頭、OP特別戦勝ち馬が1頭と上のクラスで活躍した馬も多いですが、新馬戦上りのこの馬を狙ってみようかなと考えています。