第62回きさらぎ賞(GⅢ)攻略データ(1)

第62回きさらぎ賞(GⅢ)攻略データ(1)

今年もきさらぎ賞(GⅢ)は中京競馬場・芝・左2000mで行われます。このコースはスタンド前の直線の坂の中間からスタートします。上り坂からのスタートで1コーナーまでの距離が短いため、やや内寄りの枠が有利なコースです。最後の直線は高低差2.0mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。道中のペースが緩みやすため、差し馬が強い中京芝コースの中では比較的先行馬も健闘しています。過去10年で3着以内に好走した全30頭中27頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年1月以降に500万クラス以上の芝1600m以上で1着
16年 2番人気3着ロイカバード(福寿草特別 1着)

【該当馬】
リューベック

②過去にOPクラスの芝1400m以上で連対
21年 3番人気1着ラーゴム(京都2歳S 2着)
21年 1番人気3着ランドオブリバティ(芙蓉S 1着)
20年 1番人気3着アルジャンナ(東スポ2歳S 2着)
17年 6番人気1着アメリカズカップ(野路菊S 1着)
17年 2番人気3着ダンビュライト(サウジアラビアRC 2着)
15年 2番人気2着ポルトドートウィユ(萩S 2着)
15年 3番人気3着アッシュゴールド(デイリー杯2歳S 2着)
14年 2番人気1着トーセンスターダム(京都2歳S 1着)
12年 1番人気1着ワールドエース(若駒S 2着)

【該当馬】
アスクワイルドモアトーセンヴァンノリューベック

③過去に1勝クラス以上の芝1800m以上で3着以内
21年 2番人気2着ヨーホーレイク(ホープフルS 3着ほか)
19年 3番人気1着ダノンチェイサー(きんもくせい特別 2着)
19年 6番人気2着タガノディアマンテ(エリカ賞 3着)
17年 1番人気2着サトノアーサー(シクラメン賞 1着)
16年 1番人気1着サトノダイヤモンド(500万下 1着)
16年 4番人気2着レプランシュ(シクラメン賞 1着)
15年 1番人気1着ルージュバック(百日草特別 1着)
14年 1番人気2着バンドワゴン(エリカ賞 1着)
13年 3番人気3着アドマイヤドバイ(福寿草特別 2着)

【該当馬】
アスクワイルドモアトーセンヴァンノメイショウゲキリンリューベックレヴァンジル

④過去に芝1800m以上で1着
20年 7番人気1着コルテジア(未勝利 1着 ※京都1800)
18年 4番人気1着サトノフェイバー(新馬 1着 ※京都芝2000)
18年 2番人気2着グローリーヴェイズ(新馬 1着 ※中山芝1800)
13年 5番人気2着マズルファイヤー(未勝利 1着 ※京都芝1800)
12年 4番人気2着ヒストリカル(新馬 1着 ※京都芝2000)
12年 2番人気3着ベールドインパクト(未勝利 1着 ※阪神芝1800)

【該当馬】
アスクワイルドモアエアアネモイシェルビーズアイショウナンマグマストロングウィルセルケトダンテスヴュートーセンヴァンノフォースクエアマテンロウレオリューベックレヴァンジル

⑤過去に京都(中京)芝1400m以上の新馬・未勝利戦で1着
18年 5番人気3着ラセット(未勝利 1着 ※京都芝1600)
13年 6番人気1着タマモベストプレイ(新馬 1着 ※京都芝1400)

【該当馬】
シェルビーズアイセルケトダンテスヴューリューベック

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は全頭(全13頭)です。今年も全頭クリアしましたが、この中でもリューベック、アスクワイルドモア、トーセンヴァンノあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はリューベックとしておきます。