第26回エルムステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第26回エルムステークス(GⅢ)攻略データ(1)

今年のエルムステークス(GⅢ)は函館競馬場・ダ・右1700mで行われます。このコースはスタンド前からスタートし、1コーナーまでの直線距離は329mあります。1コーナーから2コーナーの中間まで下りが続くためテンは速くなりやすいです。それでも逃げ、先行馬が圧倒的に有利で、短い直線だけで差し切るのは至難の業で、後方から行く馬は自ら動いていける機動力が必要となります。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①過去1年以内にダート1600m以上の古馬混合G1で3着以内
18年 1番人気3着ミツバ(17年JCBクラシック 3着)
12年 2番人気2着エスポワールシチー(かしわ記念 1着ほか)

【該当馬】
ウェスタールンドソリストサンダー

②同年にOPクラスのダート1700~1800mで1着
20年 1番人気1着タイムフライヤー(マリーンS 1着)
20年 2番人気2着ウェスタールンド(アンタレスS 1着)
19年 4番人気3着サトノティターン(マーチS 1着)
17年 1番人気2着テイエムジンソク(マリーンS 1着ほか)
17年 8番人気3着ドリームキラリ(ポルックスS 1着)
16年 1番人気3着モンドクラッセ(大沼S 1着)
15年 2番人気1着ジェベルムーサ(大沼S 1着)
13年 1番人気3着ブライトライン(マリーンS 1着)
12年 1番人気1着ローマンレジェンド(ジュライS 1着)
11年 1番人気1着ランフォルセ(マリーンS 1着)
11年 3番人気3着エーシンモアオバー(大沼S 1着)

【該当馬】
スワーヴアラミスダンツキャッスルレピアーウィット

③同年にダート1700~2000mの重賞で連対
20年 5番人気3着アナザートゥルース(アンタレスS 2着)
19年 2番人気1着モズアトラクション(平安S 2着)
18年 2番人気1着ハイランドピーク(マリーンS 2着)
17年 4番人気1着ロンドンタウン(アンタレスS 2着)
16年 4番人気2着クリノスターオー(平安S 2着)
14年 5番人気2着クリノスターオー(アンタレスS 1着)
13年 5番人気2着エーシンモアオバー(名古屋大賞典 2着ほか)
12年 6番人気3着グランドシチー(マーキュリーC 2着)

【該当馬】
アメリカンシードトップウイナーレピアーウィット

④同年にダート1600m以上G2以上で5着以内
15年 5番人気2着グレープブランデー(フェブラリーS 4着)
11年 8番人気2着オーロマイスター(かしわ記念 5着)

【該当馬】
ソリストサンダー

⑤過去1年以内にダート1600m以上のG2以上で連対
15年 7番人気3着エーシンモアオバー(名古屋グランプリ 1着)

【該当馬】
ウェスタールンドソリストサンダーデルマルーヴルロードゴラッソロードブレス

⑥同年7月以降に準OPクラス以上のダート1700m以上で連対
16年 7番人気1着リッカルド(安達太良ステークス 1着)
13年 3番人気1着フリートストリート(安達太良ステークス 1着)

【該当馬】
オメガレインボースワーヴアラミストップウイナー

⑦過去1年以内にダート1800m以上の重賞で3着内
19年 10番人気2着ハイランドピーク(18年エルムS 1着)
18年 3番人気2着ドリームキラリ(17年エルムS 3着)
14年 3番人気1着ローマンレジェンド(みやこS 3着)
14年 10番人気3着インカンテーション(みやこS 2着)

【該当馬】
アメリカンシードウェスタールンドヴェンジェンスデルマルーヴルレピアーウィットロードゴラッソロードブレス

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は12頭(全14頭)です。殆どの馬がクリアしましたがこの中でもウェスタールンド、ソリストサンダー、レピアーウィットが面白そうです。とりあえず現時点での本命候補はソリストサンダーにしておきます。