第53回金鯱賞(GⅡ)攻略データ(1)

第53回金鯱賞(GⅡ)攻略データ(1)

金鯱賞(GⅡ)は1番人気が(5-1-0-4)と信頼度は高めで、前走の着順でみてみると6~9着馬が(2-4-3-33)、10着以下が(1-0-1-46)と巻き返しには注意が必要です。年齢別にみてみると7歳以上の馬は(1-1-0-27)と苦戦傾向です。金鯱賞(GⅡ)は『1番人気』、『前走6着以下』、『7歳以上は苦戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。
※金鯱賞は今年から3月開催に変更されました。よって今回は12月開催だった過去10年と3月開催だった中日新聞杯と中京記念を参考。

①中9週以上の馬は(1-2-2-23)ですが、今回斤量軽減でない57キロ以上の馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
ヤマカツエース

②中9週以上の馬は(1-2-2-23)ですが、前走0.6秒以上の差をつけられて敗退した7歳以上の馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
サトノノブレスヒットザターゲット

③中9週以上の馬は(1-2-2-23)ですが、今回距離延長となる馬は(0-0-0-7)です。
【該当馬】
タッチングスピーチ

④前走G3以下戦出走馬は(5-6-6-103)ですが、このうち前走10着以下だった馬は(0-0-0-27)です。
【該当馬】
タッチングスピーチパドルウィール

⑤前走G3以下戦出走馬は(5-6-6-103)ですが、このうち前走斤量53キロ以下で3着以下だった馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
トウシンモンステラ

⑥前走G2以下戦に斤量57キロ以下で出走し、2秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-10)です。
【該当馬】
パドルウィールリアファル

⑦今回バウンド短縮となる馬は(2-2-4-31)ですが、このうち近2走内に非重賞戦出走歴がある馬は(0-0-0-5)です。
【該当馬】
アングライフェントウシンモンステラナスノセイカンルミナスウォーリア

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭(全18頭)です。なかなかのメンバーが出走登録をしているので楽しみですが、予想には悩みそうですね(笑)。とりあえず本日のデータのみで評価するとヌーヴォレコルト、ルージュバックの2頭が面白そうです。本日時点では【馬の名前は人気ブログランキングで確認】を推してみたいと思います。近2走はG1戦で上位に食い込むことができませんでしたが1800mの重賞戦を3勝している実績もありますし、最後の直線が長い中京競馬場ならば自慢末脚が爆発しても不思議ではないでしょう。