第59回テレビ西日本賞北九州記念(GⅢ)攻略データ(1)

攻略データ

関西圏の秋は引き続き変則日程になり、9、12月の阪神を中京と京都に振り替えるため、夏競馬も中京と小倉が入れ替わりになります。サマースプリントシリーズもCBC賞と北九州記念の開催時期が入れ替わり、今年の北九州記念(GⅢ)は6月開催となります。北九州記念(GⅢ)は小倉競馬場・芝・右1200mで行われます。このコースのスタート地点は向正面直線の2コーナーポケットからとなります。小倉競馬場は2コーナーのところが最高部(芝コースの高低差は3m)になっており、スタート後200mほど下ります。3コーナーまでの直線距離は約480mあります。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂となり、最後の直線距離は293mあります。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンです。

コース最高部からのスタートして、すぐに下りとなるためスピードが出やすく、テンの3ハロンは非常に速いです。また、3~4コーナーもスパイラルカーブで下りとなっているためスピードが落ちません。このため絶対的なスピードに加え、コーナリングの巧さも要求されます。基本的にはスピードが落ちないコース形態を利した逃げ・先行馬が有利なのですが、馬場が荒れてきて前半が速くなりすぎた時は先行馬総崩れで差し馬の台頭もあります。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中28頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①前走OPクラスの芝1000~1400mで3着内
23年 5番人気1着ジャスパークローネ(CBC賞 1着)
23年 1番人気2着ママコチャ(安土城S 1着)
23年 9番人気3着ストーンリッジ(福島TVOP 3着)
22年 3番人気2着タイセイビジョン(CBC賞 2着)
22年 1番人気3着ナムラクレア(函館SS 1着)
21年 4番人気2着ファストフォース(CBC賞 1着)
20年 8番人気1着レッドアンシェル(CBC賞 3着)
20年 1番人気2着モズスーパーフレア(高松宮記念 1着)
19年 3番人気2着ディアンドル(葵S 1着)
19年 5番人気3着アンヴァル(バーデンバーデンC 2着)
18年 6番人気1着アレスバローズ(CBC賞 1着)
18年 4番人気2着ダイメイプリンセス(アイビスSD 1着)
18年 7番人気3着ラブカンプー(アイビスSD 2着)
16年 8番人気1着バクシンテイオー(バーデンバーデンC 3着)
16年 1番人気2着ベルカント(アイビスSD 1着)
16年 3番人気3着オウノミチ(バーデンバーデンC 1着)
15年 2番人気1着ベルカント(アイビスSD 1着)

【該当馬】
エイシンスポッターサーマルウインドナナオバースクライピューロマジックペアポルックスヨシノイースター

②前走芝で最速上りをマークしている軽量馬(牡馬54キロ、牝馬52キロ以下)
22年 16番人気1着ボンボヤージ(福島テレビOP 13着 ※51キロ)

【該当馬】
該当馬なし

③同年に3勝クラス以上の芝1000~1400mで連対
21年 5番人気1着ヨカヨカ(葵S 2着ほか)
20年 10番人気3着アウィルアウェイ(シルクロードS 1着)
17年 3番人気1着ダイアナヘイロー(佐世保S 1着)
15年 1番人気2着ビッグアーサー(水無月S 2着)
15年 4番人気3着ベルルミエール(阪神牝馬S 2着)
14年 13番人気2着メイショウイザヨイ(佐世保S 1着)
14年 17番人気3着カイシュウコロンボ(新春S 1着)

【該当馬】
エイシンスポッターカンチェンジュンガグランテストサーマルウインドナナオピューロマジックペアポルックスメイショウソラフネヤクシマヨシノイースター

④同年6月以降に芝1200m以下の重賞で5着以内
14年 8番人気1着リトルゲルダ(アイビスSD 4着)

【該当馬】
該当馬なし

➄過去1年以内に芝1200mの重賞で連対
21年 2番人気3着モズスーパーフレア(20年北九州記念 2着)
19年 9番人気1着ダイメイプリンセス(18年北九州記念 2着)

【該当馬】
ジャスパークローネテイエムスパーダナナオピューロマジックペアポルックス

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は13頭(全18頭)です。半数以上の馬がクリアしましたが、この中でもナナオ、ピューロマジック、ペアポルックスあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】としておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました