第48回報知杯弥生賞(GⅡ)結果

第48回報知杯弥生賞(GⅡ)結果

報知杯弥生賞(GⅡ)は1番人気のサダムパテックが道中中断を追走し、直線に入るとじわりじわりと他馬を抜き去り、懸命に粘る7番人気プレイに1/2馬身差をつけて優勝(勝ちタイム2分01秒0)。さらにハナ差の3着には5番人気デボネアが入りました。私が注目していたオールアズワンは道中かかり気味で追走し、直線伸びず8着でした。

★着順
1着 サダムパテック
2着 プレイ
3着 デボネア
4着 ショウナンマイティ
5着 アッパーイースト

★タイム
1着タイム 2:01.0
ハロンタイム 12.8 – 11.3 – 12.2 – 12.8 – 12.6 – 12.4 – 12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.7
上り 4F 46.9 – 3F 34.7

★コーナー通過順位
1コーナー (2,*9)3(1,6)4,10(8,5)7,11
2コーナー (2,*9)3(1,6)4,10(8,5)-7,11
3コーナー (2,*9)3(1,5)(6,10)(4,7)11,8
4コーナー (*2,9)3(1,6,5)(4,10,7)(8,11)

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 5 オールアズワン 8着
〇 6 サダムパテック 1着
▲ 11 ショウナンマイティ 4着
△ 4 デボネア 3着

オールアズワンが道中かかってしまったのが本当に痛い・・・。良く考えたら安藤克己騎手も「稽古でもいきたがってる」というコメント残してたな(笑)。まー本賞金も十分なので皐月賞には出走するはずなので、その時に改めて評価を考えようと思います。テレビでも言っていましたが、毎年ラジオNIKKEI賞に強い馬が揃うのですが、今年はホープフルS組が強いです。ホープフルS後、2着ナカヤマナイトは共同通信杯(GⅢ)1着、3着フェイトフルウォーは京成杯(GⅢ)1着、カフナはあすなろ賞(500万下)1着、そして本日出走したプレイは弥生賞2着です。今年の皐月賞はホープフルS組を狙うのも良いかも知れませんね。