第86回中山記念(GⅡ)結果

第86回中山記念(GⅡ)結果

中山記念(GⅡ)は3番人気のフェデラリストがシルポートの大逃げを4、5番手を追走し、直線に入るとメンバー最速の末脚(上り34.4秒)でシルポートを抜き去り優勝(勝ちタイム1分47秒3)。3/4馬身差の2着には7番人気のシルポート、さらに4馬身差の3着には4番人気のリアルインパクトが入りました。勝ったフェデラリストは重賞2連勝で通算10戦7勝(うち中央8戦5勝)となりました。

★着順
1着 3 フェデラリスト (3人気)
2着 1 シルポート (7人気)
3着 2 リアルインパクト (4人気)
4着 6 ネオヴァンドーム (9人気)
5着 4 フィフスペトル (5人気)

★タイム
1着タイム 1:47.3
ハロンタイム 12.8 – 11.8 – 11.4 – 11.4 – 11.3 – 11.6 – 11.8 – 12.0 – 13.2
上り 4F 48.6 – 3F 37.0

★コーナー通過順位
1コーナー 1-9,2,10,3(5,7)6,11(4,8)
2コーナー 1-9,2,10(3,7)-(6,5)11,4,8
3コーナー 1=9-(2,10)(3,7)5(4,11)(6,8)
4コーナー 1=9-(2,10,7)(3,4)5(6,8,11)

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 3 フェデラリスト 1着
〇 7 ダイワファルコン 9着
▲ 11 トゥザグローリー 10着
△ 2 リアルインパクト 3着
☆ 5 レッドディビス 11着

フェデラリストの末脚にはビックリしましたね。道中は内ラチ沿いを走り、最後の直線でというような作戦だったのでしょうか。重賞2連勝と今後も期待できる走りを見せてくれたと思います。次走でも高評価しても良いと考えています。

ダイワファルコンとトゥザグローリーはともに見せ場もなく終わってしまいましたね。ダイワファルコンはフェデラリストと同じような位置で競馬をしていましたが、外を回った分ロスが多く、直線も伸びませんでした。トゥザグローリーは後方待機で直線では大外に持ち出し末脚を・・・という展開でしたがこちらも伸びず。日曜の中山競馬場はあきらかに内有利でしたから(笑)。それにしても負けすぎな気がします。

馬券はシルポートを最後にきってしまい不的中でしたが・・・実は日曜の10Rまで見ていて明らかに内が有利な馬場だと思いこんな馬券買ってました。

あは。うまぶろぐを参考にしてくださっている方には申し訳ないですが的中しちゃいました(笑)。m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・

もちろんうまぶろぐの年間収支には含みませんのでご心配なく。