第52回きさらぎ賞(GⅢ)結果

第52回きさらぎ賞(GⅢ)結果

きさらぎ賞(GⅢ)は1番人気のワールドエースが道中後方(10→9番手)を追走し、直線で大外に出すと楽な手応えで前を抜き去り優勝(勝ちタイム1分47秒0)。1.1/2馬身差の2着には4番人気のヒストリカル、さらに3馬身差の3着には2番人気のベールドインパクトが入り、ディープインパクト産駒が1、2、3着独占という結果になりました。勝ったワールドエースはこれで通算3戦2勝(重賞1勝)となりました。春のクラシックの主役へと名乗りを挙げましたね。

★着順
1着 9 ワールドエース (1人気)
2着 4 ヒストリカル (4人気)
3着 13 ベールドインパクト (2人気)
4着 8 ジャスタウェイ (3人気)
5着 7 ローレルブレット (6人気)

★タイム
1着タイム 1:47.0
ハロンタイム 13.1 – 11.5 – 11.9 – 12.5 – 12.7 – 11.6 – 11.3 – 11.3 – 11.1
上り 4F 45.3 – 3F 33.7

★コーナー通過順位
3コーナー (*6,7,11,13)(5,8)10(1,3)9(4,12)-2
4コーナー (*6,7,11,13)(5,8,10)(1,9)3-4-(2,12)

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 8 ジャスタウェイ 4着
〇 9 ワールドエース 1着
▲ 11 マイネルアトラクト 10着
△ 13 ベールドインパクト 3着
☆ 7 ローレルブレット 5着

ジャスタウェイは直線で内にいれ一度は先頭に並びましたが、外から抜かれてしまいました。今日の京都競馬場は外が伸びる馬場でもあったので、コース取り次第では3着以内はあったかもしれません。4着には敗れましたが、次走で評価を落とす必要はまだありませんね。

ワールドエースは後方からの競馬で、直線大外を抜群の末脚で他馬を抜き去っていきました。直線に入るところでちょっとフラフラして若さを見せていましたが、スピードにのったら止まりませんね(笑)。クラシックでも期待できる走りを見せてくれました。

マイネルアトラクトはイメージ通りの位置取りで競馬ができましたが、上り勝負となってしまいあっさりかわされてしまいました。昨年の9月以降から今回で7戦目とかなり使われているので疲れもたまっているのではないでしょうか。

馬券はヒストリカルを読み切れず不的中。上り勝負になるのは予想できていましたが、ここまで上り勝負になるとは・・・(泣)。