第47回京都牝馬ステークス(GⅢ)結果

第47回京都牝馬ステークス(GⅢ)結果

京都牝馬ステークス(GⅢ)は2番人気のドナウブルーが道中好位(6→4番手)を追走し、直線に入ると芝の真ん中を突き進み先頭に立つと、内外から迫ってくる他馬を振り切り優勝(勝ちタイム1分33秒8)。1.1/4馬身差の2着には1番人気のショウリュウムーン、さらにクビ差の3着には3番人気のアスカトップレディが入りました。勝ったドナウブルーは重賞初制覇し、これで通算9勝4勝(重賞1勝)となりました。

★着順
1着 3 ドナウブルー (2人気)
2着 4 ショウリュウムーン (1人気)
3着 11 アスカトップレディ (3人気)
4着 10 ビッグスマイル (5人気)
5着 6 クイーンズバーン (10人気)

★タイム
1着タイム 1:33.8
ハロンタイム 12.6 – 11.1 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 11.4 – 11.7 – 11.8
上り 4F 46.6 – 3F 34.9

★コーナー通過順位
3コーナー 6,7(5,9,14)3(8,11,12)(4,2)13(1,10,16)-15
4コーナー 6(5,7,3,14)(9,12)11(4,2,8,13,16)(1,10)15

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 11 アスカトップレディ 3着
〇 14 エーシンリターンズ 9着
▲ 4 ショウリュウムーン 2着
△ 5 コスモネモシン 7着
☆ 16 スプリングサンダー 13着

ドナウブルーはこないと判断しバッサリ切ったのですが、きちゃいました(泣)。斤量52キロ、好位追走と好条件が揃っての1着なので次戦での評価が難しいですが、前走も0.5秒差をつけての圧勝でしたので斤量が増えてもやってくれそうですね。

アスカトップレディとショウリュウムーンは位置取りの差で負けた感じですね。展開が違っていれば逆転は十分ありえますね。負けはしましたが評価を落とす必要はありませんね。また、馬券で紐に加えていたビッグスマイルも後方から良い脚を使って4着まで追い上げてきており、こちらも次走では要チェックですョ。