第17回シルクロードステークス(GⅢ)結果

第17回シルクロードステークス(GⅢ)結果

シルクロードステークス(GⅢ)は1番人気のロードカナロアが道中中断(9番手)を追走し、メンバー最速(上り33.6秒)の脚を繰り出し、前を走る馬をあっさり交わし優勝(勝ちタイム1分08秒3)。2.1/2馬身差の2着には2番人気のエーシンダックマン、さらにアタマ差の3着には16番人気のケンブリッジエルが入りました。勝ったロードカナロアは重賞2連勝で通算成績8戦6勝(重賞2勝)となりました。

★着順
1着 7 ロードカナロア (1人気)
2着 13 エーシンダックマン (2人気)
3着 10 ケンブリッジエル (16人気)
4着 15 ツルマルレオン (12人気)
5着 14 グランプリエンゼル (5人気)

★タイム
1着タイム 1:08.3
ハロンタイム 12.0 – 11.0 – 11.1 – 11.0 – 11.3 – 11.9
上り 4F 45.3 – 3F 34.2

★コーナー通過順位
3コーナー 13(9,16)4(3,5,8,14)(7,11)2(10,12)(6,15)1
4コーナー 13,9(4,16)8,14(3,5)(7,11)2(10,12)(6,15)1

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 3 エーシンヴァーゴウ 15着
〇 7 ロードカナロア 1着
▲ 8 ダノンフェアリー 16着
△ 1 サンダルフォン 10着
☆ 4 マジンプロスパー 8着

まずロードカナロアは『強かったです』としか言えません。これで1200m戦6戦6勝と久しぶりに強いスプリンターが現れました。このまま3月に行われる高松宮記念(G1)を制覇しちゃいそうな勢いです。

馬券は・・・ダメダメでした。◎▲評価の馬が15着、16着じゃ話になりません。エーシンヴァーゴウは行きたがっているのを田辺騎手が抑えてなんとかコントロールしていましたが、どちらかというと行かせてしまった方が良かったのではと思うのは私だけでしょうか。私には窮屈に走らされてるように感じちゃったので。また、休み明け緒戦でしたので次走ではもう一度評価しても良いと思っています。