第67回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)結果

第67回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)結果

中山金杯(GⅢ)は1番人気のセダブリランテスが好スタートから2~3番手を追走し、最後の直線に入ると馬群中央に位置取り前との距離を徐々に縮め、ゴール直前で前を交わし優勝(勝ちタイム1分59秒8)。クビ差の2着には2番人気のウインブライト、さらにクビ差の3着には10番人気のストレンジクォークが入りました。勝ったセダブリランテスはこれで通算成績5戦4勝(重賞2勝)となりました。

★着順
1着 6 セダブリランテス (1人気)
2着 1 ウインブライト (2人気)
3着 11 ストレンジクォーク (10人気)
4着 7 ブラックバゴ (4人気)
5着 9 ダイワギャグニー (3人気)

★タイム
1着タイム 1:59.8
ハロンタイム 12.3 – 11.0 – 13.2 – 12.3 – 12.7 – 11.3 – 11.7 – 11.5 – 11.6 – 12.2
上り 4F 47.0 – 3F 35.3

★コーナー通過順位
1コーナー 3,6(1,12)10,15(2,9)(13,14)11,16(8,17)4-7-5
2コーナー 3,6(1,12)(10,15)(2,9,14)13(11,16)(8,17)4,7,5
3コーナー 14,3,6(1,12,13)10(2,15)9(11,16)(5,8,17)4,7
4コーナー 14,3(1,6)(2,10,12,13)15(5,11,9,17)(4,8,16)7

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 1 ウインブライト 2着
○ 9 ダイワギャグニー 5着
▲ 6 セダブリランテス 1着
△ 17カデナ 10着
☆ 3 トーセンマタコイヤ 6着
注 7 ブラックバゴ 4着

1-3,6,7,9,17-3,6,7,9,17 (3連複フォーメーション 10点 各100円) 不適中

 

ブログランキングにご協力お願い致します。