第3回レパードステークス(GⅢ)結果

第3回レパードステークス(GⅢ)結果

レパードステークス(GⅢ)は1番人気のボレアスが道中中団後方(9~13)番手を追走し、直線に入ると馬場の中央を抜群の末脚で差し切って優勝(勝ちタイム1分52秒0)。2馬身差の2着にはタカオノボル、さらにクビ差の3着には12番人気のタナトスが入りました。これでボレアスに騎乗していた武豊騎手は今年重賞4勝目となりました。

★着順
1着 7 ボレアス
2着 5 タカオノボル
3着 10 タナトス
4着 11 タガノロックオン
5着 4 ダートムーア

★タイム
1着タイム 1:52.0
ハロンタイム 12.2 – 10.8 – 12.3 – 13.7 – 13.2 – 12.4 – 12.8 – 11.9 – 12.7
上り 4F 49.8 – 3F 37.4

★コーナー通過順位
1コーナー (*8,10)(5,6,15)-(1,9)(2,11,12)-14(3,7)(4,13)
2コーナー (*8,10)(5,6,15)(2,1,9)11(3,7)12(4,14,13)
3コーナー (*8,10)11(5,6)9(2,1,15,12)7(3,4,13)14
4コーナー (8,*10,11)(5,6)9(2,1,7)(3,4,12)(15,13)-14

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 7 ボレアス 1着
〇 5 タカオノボル 2着
▲ 11 タガノロックオン 4着
△ 9 カラフルデイズ 10着
☆ 1 インディーズゲーム 7着

最後タガノロックオンが再度差し返したと思ったのですが、ハナ差の4着でした・・・残念。まー3着に入っていても払戻は雀の涙でしたけれども(笑)。今回はユニコーンS、ジャパンDDのいずれも負けてしまったグレープブランデーが不在だったため、ボレアスの強さが目立つレースでした。ボレアスとしてもここは取りこぼせない一戦だったので勝ててホッとしているのではないでしょうか。

そして私が一番注目していたタカオノボルも2着に入りよく頑張ってくれたと思います。これで次のレースも期待できそうですね。