第63回京都新聞杯(GⅡ)結果

第63回京都新聞杯(GⅡ)結果

京都新聞杯(GⅡ)は2番人気のサトノラーゼンが内ラチ沿い4~5番手を追走し、最後の直線に入ると馬群中央に位置取り前との距離を徐々に縮めると、残り150mで前を捕え優勝(勝ちタイム2分11秒3)。1/2馬身差の2着には1番人気のポルトドートウィユ、さらにハナ差の3着には6番人気のアルバートドックが入りました。重賞初制覇となったサトノラーゼンはこれで通算成績9戦3勝(重賞1勝)となりました。

★着順
1着 4 サトノラーゼン (2人気)
2着 2 ポルトドートウィユ (1人気)
3着 15 アルバートドック (6人気)
4着 3 トーセンバジル (4人気)
5着 1 ダノンリバティ (3人気)

★タイム
1着タイム 2:11.3
ハロンタイム 12.3 – 10.7 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.9 – 11.6
上り 4F 46.8 – 3F 34.9

★コーナー通過順位
1コーナー 9,8(1,10)(4,13)11,12,2,15(3,16)(5,14)7,6
2コーナー 9(1,8)(4,10)(11,13)12,2,15(3,14)16(7,5)-6
3コーナー 9,8(1,10)4,13,11(2,12)(15,14)3,16(7,5)6
4コーナー 9(8,10)1(4,13)(11,2)12(15,14)3,7(16,6)-5

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 2 ポルトドートウィユ 2着
〇 1 ダノンリバティ 5着
▲ 15 アルバートドック 3着
△ 3 トーセンバジル 4着
☆ 12 シュヴァルグラン 8着
注 7 リベレーター 12着