第28回東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)結果

第28回東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)結果

東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)は2番人気のワンダーアキュートが3番手を追走し、3コーナー手前で一旦7番手まで下げるが4コーナーで再び2番手まで上げ、そのまま先頭に立ちレコードタイムで優勝(勝ちタイム1分53秒7)。3/4馬身差の2着には逃げ粘ったランフォルセ、さらに2.1/2馬身差の3着にはシルクメビウスが入りました。

★着順
1着 8 ワンダーアキュート
2着 15 ランフォルセ
3着 2 シルクメビウス
4着 9 テスタマッタ
5着 6 ゴルドブリッツ

★タイム
1着タイム 1.53.7(レコード)
ハロンタイム 6.7 – 11.7 – 11.6 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 11.7 – 11.4 – 12.2
上り 4F 47.1 – 3F 35.3

★コーナー通過順位
1コーナー 15,11(8,12)13(6,9)(3,2,14)(4,10)5,1
2コーナー 15,11(8,12)-(6,13)(3,9)2,14(4,10)(1,5)
3コーナー 15(11,12,13,9,14)8(3,6,5)2,4,10,1
4コーナー 15(8,9)14(12,13)(6,2)3,11(4,5)10,1

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 8 ワンダーアキュート 1着
〇 13 ゴルトブリッツ 5着
▲ 6 バーディバーディ 6着
△ 15 ランフォルセ 2着

ワンダーアキュートは実績データNo.1だった通り強く、ランフォルセは逃げ粘ってくれ善戦してくれたと思います。敗因はバーディバーディとシルクメビウスで悩み、先行馬有利と考えバーディバーディを選択したのが見事に外れました(笑)。またゴルトブリッツはまだまだ経験が少ないかったかなと思いますが、今後の活躍は期待できそうですね。

 

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ