第38回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)結果

第38回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)結果

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)は1番人気のグランアレグリアが中団後方外目を追走し、最後の直線に入るとそのまま大外へ持ち出す。メンバー最速の脚(上り32.7秒)を使いグイグイと前との距離を縮め、残り50m付近で前を交わし優勝(勝ちタイム1分32秒6)。3/4馬身差の2着には2番人気のシュネルマイスター、さらに1/2馬身差の3着には5番人気のダノンザキッドが入りました。勝ったグランアレグリアはこれで通算成績15戦9勝(重賞8勝)となりました。グランアレグリアはマイルチャンピオンシップを最後に引退が決定していますが、本当に強いマイル女王だったなと思います。藤沢和雄調教師も来年の2月で定年となり勇退が決まっています。私が競馬を始めた頃から名調教師として活躍されておりましたので寂しさもありますね。

★着順
1着 12 グランアレグリア (1人気)
2着 3 シュネルマイスター (2人気)
3着 13 ダノンザキッド (5人気)
4着 7 インディチャンプ (6人気)
5着 1 ホウオウアマゾン (7人気)

★タイム
1着タイム 1:32.6
ハロンタイム 12.5 – 11.2 – 11.9 – 12.0 – 11.7 – 11.1 – 10.7 – 11.5
上り 4F 45.0 – 3F 33.3

★コーナー通過順位
3コーナー 1,2(4,9)(7,5)10(3,13)(8,14)12,6(11,15)16
4コーナー 1(4,9)2(7,5,10)(3,8,13,12,14)(6,11,15)16

Advertisement

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 12 グランアレグリア 1着
○ 3 シュネルマイスター 2着
▲ 7 インディチャンプ 4着
△ 9 グレナディアガーズ 13着
☆ 11 カテドラル 9着
注 10 ロータスランド 12着

12-3,7,9,10,11-3,7,9,10,11 (3連複フォーメーション 10点 各100円) 不適中