第29回エプソムカップ(GⅢ)最終予想

第29回エプソムカップ(GⅢ)最終予想

エプソムカップ(GⅢ)の最終予想に入ります。6月9日23時00分現在の単勝オッズはダノンシャークが4.5倍で1番人気。続いて4.7倍でトーセンレーヴ、6.6倍でレッドデイヴィスとなっております。5番人気までオッズの差があまりなく、なかなか予想に苦しんでるって感じがしますね(笑)。日曜日も天気が悪そうなので馬場の回復も望め無さそうなので、土曜日と同じように最後の直線はかなり外を回る競馬になりそうです。

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっています。

【3着以内に好走しそうな馬】※好評価順
シルクアーネスト、トーセンレーヴ、レディアルバローザ、アクシオン、ダノンシャーク、ダイワファルコン、キングストリート、マイネルスターリー、オセアニアボス、セイクレットレーヴ、ダノンスパシーバ、レッツゴーキリシマ

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
シルクアーネスト、セイクレットレーヴ、ダイワファルコン、ダノンシャーク、トーセンレーヴ、メイショウカンパク、モンテエン、レッドデイヴィス、レッツゴーキリシマ、サンライズベガ、ダノンスパシーバ、ヤマカツハクリュウ、レディアルバローザ

それでは適正(実績)を含めて評価していきます。

【東京競馬場実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
シルクアーネスト (2-1-0-1)
ヤマカツハクリュウ (2-0-0-1)
トーセンレーヴ (2-0-1-1)
モンテエン (2-0-2-1)
セイクレットレーヴ (1-0-0-1)

【左回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
シルクアーネスト (2-2-0-1)
ヤマカツハクリュウ (4-2-0-2)
トーセンレーヴ (2-0-1-1)
モンテエン (3-0-3-2)
サンライズベガ (1-4-3-4)

【距離適性(1600m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
シルクアーネスト (2-3-1-1)
ダイワファルコン (2-1-1-1)
ダノンスパシーバ (1-2-1-1)
ダノンシャーク (1-4-1-2)
ヤマカツハクリュウ (2-3-1-4)

【距離適性(1800m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
ダノンシャーク (3-1-0-0)
トーセンレーヴ (2-0-1-0)
レッドデイヴィス (2-1-0-1)
ダノンスパシーバ (2-2-0-2)
サンライズベガ (1-0-3-0)

【距離適性(2000m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
トーセンレーヴ (2-0-0-0)
ダノンスパシーバ (2-4-3-4)
モンテエン (1-0-2-1)
トップゾーン (3-2-2-5)
メイショウカンパク (2-2-1-5)

【距離適性(1600m最速タイム)】
レディアルバローザ 1.32.0(東京)
オセアニアボス 1.32.2(中山)
レッツゴーキリシマ 1.32.3(中山)
キングストリート 1.32.5(東京)
シルクアーネスト 1.32.8(東京)

【距離適性(1800m最速タイム)】
レッツゴーキリシマ 1.45.1(小倉)
サンライズベガ 1.45.3(小倉)
レディアルバローザ 1.45.4(阪神)
レッドデイヴィス 1.45.6(阪神)
マイネルスターリー 1.45.8(京都)
アクシオン 1.45.8(京都)
シルクアーネスト 1.45.8(阪神)

【距離適性(2000m最速タイム)】
メイショウカンパク 1.57.1(京都)
マイネルスターリー 1.58.0(新潟)
アクシオン 1.58.0(東京)
ダノンスパシーバ 1.58.3(福島)
モンテエン 1.58.3(福島)

【上り3F平均タイム】
ダノンシャーク 34.12
ヤマカツハクリュウ 34.23
モンテエン 34.40
ダノンスパシーバ 34.41
オセアニアボス 34.57

【調教】
ダノンシャーク
トーセンレーヴ
セイクレットレーヴ

Advertisement

うまぶろぐデータ集計結果は以下のとおりとなりました。

ダノンシャーク 6P
レディアルバローザ 5.5P
トーセンレーヴ 5.5P
ダノンスパシーバ 5P
ダイワファルコン 4.5P
モンテエン 4.5P
シルクアーネスト 4.5P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 13 ダイワファルコン
〇 14 ダノンシャーク
▲ 5 レディアルバローザ
△ 6 トーセンレーブ
☆ 1 セイクレットレーヴ

本命にはダイワファルコン。前走は折り合いを欠いて5着に敗れはしましたが、今回のメンバーなら力は1番だと考えています。今回前に行きたい馬が少なく自分のポジションで競馬ができそうなので、力を出し切ってくれると思います。

対抗にはダノンシャーク。今年に入ってからは重賞3レースで2着→5着→2着と勝ってはいませんが安定した走りを見せてくれています。土曜日の東京競馬場は先週よりも外も伸びているように感じましたので末脚に期待します。

単穴にはレディアルバローザ。レッツゴーキリシマが逃げると思いますので、2番手内枠好位を追走できそうです。逃げ・先行馬も少ないのでスローになると思いますので、前残りの可能性も十分ありえます。牝馬なので斤量54キロってのも魅力です。

あとはやっぱり怖いウィリアムズ騎手が乗るトーセンレーヴ、内枠をコースロスなく進み上りの競馬になれば好走しそうなセイクレットレーヴ、東京実績No.1のシルクアーネストを紐に絡めてみました。