第72回皐月賞(GⅠ)最終予想

NO IMAGE

皐月賞(GⅠ)の最終予想に入ります。4月15日9時18分現在の単勝オッズはグランデッツァが3.7倍で1番人気。続いて3.8倍でワールドエース、6.0倍でディープブリランテとなっております。グランテッツァとワールドエースの2頭が人気の中心のようですね。グランデッツァは大外枠を、ワールドエースは中山小回りをどう攻略するか勝利の分かれ目になりそうです。後は馬場状態がどうなるのかが非常に気になるところですね。

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっています。

【3着以内に好走しそうな馬】※好評価順
トリップ、グランデッツァ、コスモオオゾラ、ゴールドシップ、ワールドエース、ディープブリランテ、マイネルロブスト

【消し馬データをクリアした馬(連対候補)】
トリップ、メイショウカドマツ、ディープブリランテ、コスモオオゾラ、グランデッツァ

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
ゴールドシップ、ロジメジャー、アーデント、ワールドエース

それでは適正(実績)を含めて評価していきます。

【中山競馬場実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
マイネルロブスト (1-2-0-1)
サトノギャラント (1-1-0-1)
コスモオオゾラ (2-0-0-1)
メイショウカドマツ (1-1-0-2)
アーデント (1-0-1-1)
ロジメジャー (1-0-1-1)

【右回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
ワールドエース (3-1-0-0)
ゴールドシップ (2-2-0-0)
ディープブリランテ (1-1-0-0)
グランデッツァ (3-1-1-0)
トリップ (2-1-0-1)

【距離適性(1800m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
ゴールドシップ (3-1-0-0)
グランデッツァ (3-1-0-0)
ワールドエース (2-0-0-0)
ディープブリランテ (2-2-0-0)
アーデント (1-1-0-0)

【距離適性(2000m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
コスモオオゾラ (3-0-0-0)
ワールドエース (1-1-0-0)
アダムスピーク (2-0-0-1)
トリップ (1-1-0-1)
メイショウカドマツ (1-2-0-2)

【距離適性(1800m最速タイム)】
ワールドエース 1.47.0(京都)
ベールドインパクト 1.47.7(京都)
メイショウカドマツ 1.47.9(京都)
スノードン 1.48.1(京都)
ゴールドシップ 1.48.3(阪神)

【距離適性(2000m最速タイム)】
マイネルロブスト 2.00.7(中山)
アーデント 2.00.9(中山)
スノードン 2.01.2(中山)
トリップ 2.01.5(京都)
ロジメジャー 2.01.5(中山)

【上り3F平均タイム】
ワールドエース 34.10
ベールドインパクト 34.26
サトノギャラント 34.50
モンストール 34.55
コスモオオゾラ 34.76

【調教】
アダムスピーク
ワールドエース
マイネルロブスト

うまぶろぐデータ集計結果は以下のとおりとなりました。

ワールドエース 5.5P
ゴールドシップ 5.5P
コスモオオゾラ 5P
グランデッツァ 5P
ディープブリランテ 4P
マイネルロブスト 4P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 14 ゴールドシップ
〇 18 グランデッツァ
▲ 2 アダムスピーク
△ 15 コスモオオゾラ
☆ 6 ディープブリランテ

皐月賞(1)

本命は5戦3勝(2着2回)で重賞成績も1勝(2着2回)と抜群の成績を残しているゴールドシップ。ラジオNIKKEI賞ではグランデッツァより先着の2着、共同通信杯ではディープブリランテを破り優勝しているのにも関わらず4番人気なのは不思議なくらいです。良い脚をいつも使えるタイプなので期待できますね。

対抗には皐月賞に強いM.デムーロ騎手は騎乗するグランテッツァ。大外を回らなければならない可能性が大きいですが、ここ3戦(全て重賞)は外枠からのレースでしたが、1着2回、3着1回と好成績を残していますので大丈夫かなと考えました。

単穴にはアダムスピーク。2番枠の絶好枠を引いたので、好位から優勝したラジオNIKKEI賞と同じような競馬ができると考えました。弥生賞では1番人気に推された馬が今回は5番人気まで評価を落としていますので狙い目かなと思いますよ。

あとは馬場状態が非常に気になります。ただでさえ混戦模様なところに、どこが伸びるのかが不明な状態での予想は非常に難しいですね。

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ