第56回産経大阪杯(GⅡ)最終予想

第56回産経大阪杯(GⅡ)最終予想

産経大阪杯(GⅡ)の最終予想に入ります。4月1日4時00分現在の単勝オッズはフェデラリストが2.2倍で1番人気。続いて5.1倍でトーセンジョーダン、6.0倍でアーネストリーとなっております。休養明けの実績馬が多いので、そこをどう判断するか悩むところですね。

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっています。

【3着以内に好走しそうな馬】※好評価順
トーセンジョーダン、ナカヤマナイト、フェデラリスト、アーネストリー、ローズキングダム

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
コスモファントム、ショウナンマイティ、トーセンジョーダン、ナカヤマナイト、フェデラリスト、ナリタクリスタル、ローズキングダム、アーネストリー

それでは適正(実績)を含めて評価していきます。

【阪神競馬場実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
アーネストリー (3-0-2-0)
ナリタクリスタル (1-1-1-1)
ショウナンマイティ (1-2-0-2)
ローズキングダム (1-0-1-1)
メイショウカンパク (1-0-3-3)

【右回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
ナカヤマナイト (2-2-0-0)
アーネストリー (9-1-4-3)
コスモファントム (4-4-3-3)
トーセンジョーダン (6-1-0-5)
フェデラリスト (4-0-0-3)

【距離適性(1800m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
ショウナンマイティ (2-2-0-0)
トーセンジョーダン (1-1-0-0)
ナカヤマナイト (3-2-1-0)
コスモファントム (1-1-1-0)
ローズキングダム (2-0-1-0)

【距離適性(2000m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
フェデラリスト (3-0-0-1)
トーセンジョーダン (6-1-0-3)
アーネストリー (6-1-2-3)
メイショウカンパク (2-2-0-4)
コスモファントム (2-2-1-4)
ナリタクリスタル (5-1-2-6)

【距離適性(2200m実績)】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除く
アーネストリー (2-0-2-0)
ダンツホウテイ (1-0-1-0)
トーセンジョーダン (1-0-0-1)

【距離適性(1800m最速タイム)】
ダンツホウテイ 1.45.3(東京)
ショウナンマイティ 1.45.6(阪神)
ナリタクリスタル 1.45.7(小倉)
コスモファントム 1.46.4(小倉)
メイショウカンパク 1.46.4(小倉)

【距離適性(2000m最速タイム)】
トーセンジョーダン 1.56.1(東京)
ナリタクリスタル 1.57.1(東京)
メイショウカンパク 1.57.1(京都)
アーネストリー 1.57.4(中京)
ローズキングダム 1.57.5(東京)

【距離適性(2200m最速タイム)】
アーネストリー 2.10.1(阪神)
ローズキングダム 2.10.4(阪神)
トーセンジョーダン 2.11.2(阪神)
ナリタクリスタル 2.12.9(中山)
コスモファントム 2.13.0(京都)

【上り3F平均タイム】
ショウナンマイティ 34.29
フェデラリスト 34.48
ローズキングダム 34.49
ナカヤマナイト 34.55
メイショウカンパク 34.71

【調教】
フェデラリスト
ショウナンマイティ
ダンツホウテイ

Advertisement

うまぶろぐデータ集計結果は以下のとおりとなりました。

フェデラリスト 6P
ナカヤマナイト 4P
トーセンジョーダン 4P
ナリタクリスタル 3P
ローズキングダム 3P
アーネストリー 3P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 1 ナカヤマナイト
〇 6 フェデラリスト
▲ 11 ショウナンマイティ
△ 2 トーセンジョーダン
☆ 9 アーネストリー

少頭数で逃げ馬も不在なので道中はスローペースになると思います。ということで最後の直線での切れ味勝負になると考えました。本命には海外遠征後から折り合いがつくようになり、いい脚を使えるようになった点を評価しナカヤマナイトにしました。対抗には現在4連勝中(重賞2勝含む)と勢いにのっているフェデラリスト、単穴にはメンバーで一番切れ味があると思うショウナンマイティにしました。調教状態からまだ本調子でないと思われるトーセンジョーダン、アーネストリーは抑え程度の評価で。