第51回共同通信杯(GⅢ)最終予想

第51回共同通信杯(GⅢ)最終予想

東京新聞杯(GⅢ)の最終予想に入ります。2月12日9時30分現在の単勝オッズはムーヴザワールドが3.0倍で1番人気。続いて3.6倍でスワーヴリチャード、3.8倍でエアウィンザーとなっております。上位4頭までが1桁オッズとなっており、それ以下はやや離されています。昨日の競馬をみているかぎり外目が伸びてきており、中団からの抜け出した馬が好走していました。本日も良い脚が使えそうな馬を中心に予想を組み立てていきたいと思います。

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっています。

【3着以内に好走しそうな馬】
スワーヴリチャード、タイセイスターリー、ムーヴザワールド、エトルディーニュ、アサギリジョー

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
アサギリジョー、エアウィンザー、スワーヴリチャード、タイセイスターリー、ムーヴザワールド

【実績データ評価(上位5頭)】
エアウィンザー、スワーヴリチャード、エトルディーニュ、ビルズトレジャー、ムーヴザワールド

Advertisement

データ集計結果は以下のとおりとなりました。

スワーヴリチャード 4.5P
ムーヴザワールド 4.5P
タイセイスターリー 4P
エアウィンザー 3P
エトルディーニュ 3P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 1 スワーヴリチャード
最後まで悩みましたがうまぶろぐで推しつづけたスワーヴリチャードを本命としました。もちろん速い脚が使えることは評価していますが、それ以上に前走の東スポ杯2歳Sでの最後の直線で一度ムーヴザワールドに抜かれたにも関わらず、再度加速させ抜き返したことが本命の決め手となりました。また、スタートも出負けして後方からの追走となってしまいましたので、スタートを決めれば6~7番手あたりからズバっと来てくれるでしょう。

○ 4 ムーヴザワールド
本命をスワーヴリチャードと悩んだのがムーヴザワールドです。前走の東スポ杯2歳Sでは最後の直線で前を走る馬がフラフラしていたため一度不利を受けたにも関わらず、勝ち負けを争えたことを評価しました。もちろん良い脚を持っているのですが、加速がかかるまでに時間がかかるのが対抗評価にした理由です。今回は逃げ馬不在ですのでペースは速くならないと思いますので、他馬が先に加速したら追いつけないかもしれません。それでも上位入選は間違いないでしょう。

▲ 5 エアウィンザー
前走福寿草特別で2着に敗れ、まだ500万下クラスの馬ですが末脚は魅力的です。攻略データ(3)で紹介しましたが、1800m、2000mの持ちタイムはメンバーNo.1ですので重賞初挑戦でもやれると思います。

△ 3 タイセイスターリー
☆ 8 エトルディーニュ