第49回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)最終予想

第49回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)最終予想

函館記念(GⅢ)の最終予想に入ります。7月13日23時30分現在の単勝オッズはエアソミュールが3.6倍で1番人気。続いて4.3倍でトウケイヘイロー、4.6倍でサトノギャラントとなっています。土曜日の競馬をみていても、函館競馬場の馬場状態は先週と同様で内枠・先行有利の傾向が顕著です。ただ、ハナを切りたい馬が何頭かいるのでやり合うと差し馬の好走もありえますね。

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっています。

【3着以内に好走しそうな馬】
エアソミュール、トウカイパラダイス、トウケイヘイロー、サトノギャラント、メイショウウズシオ、コスモネモシン、ホッカイカンティ、モズ、アンコイルド

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
アスカクリチャン、アンコイルド、エアソミュール、サトノギャラント、トウカイパラダイス、トウケイヘイロー、メイショウウズシオ、モズ、レインボーダリア

【実績データ評価(上位5頭)】
カリバーン、レインボーダリア、サトノギャラント、エアソミュール、トウカイパラダイス

【調教データ】
トウケイヘイロー、レインボーダリア、コスモネモシン

Advertisement

うまぶろぐデータ集計結果は以下のとおりとなりました。

エアソミュール 5.5P
サトノギャラント 5.5P
トウケイヘイロー 4P
メイショウウズシオ 4P
レインボーダリア 3.5P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 6 エアソミュール
前走の巴賞で洋芝も問題ないことを証明しました。前々走の成尾記念では前有利の展開にもかかわらず、最後方からの競馬になってしまったのにもかかわらず0.2秒差の4着まで詰めたことも評価できます。今回も内目枠なので中団前目追走できそうなので、今の内有利の馬場ならば好走必至です。

〇 10 トウカイパラダイス
前々走の産経大阪杯では、オルフェーヴルやショウナンマイティなどG1クラスの馬が多数出走した中での4着は評価できます。昨年の函館記念は1番人気に押されながらも4着と敗れていますが、今回はハナを切りたい馬達の後ろ4~5番手を追走し、上手く抜け出してくれれば昨年以上の結果を残してくれるでしょう。

▲ 8 トウケイヘイロー
今の馬場ならば本命にしたかったのですが、同型馬のイケドラゴン、コスモラピュタ、モズの3頭の出方次第で厳しい状況に追い込まれる可能性があるので3番手評価としました。ただ鞍上は武豊騎手なので、上記3頭が競り合ってこなければ素直にハナを、競り合って来れば2~3番手追走と切り替えてくれると思います。とにかく自分のペースで走れば好走してくれるでしょう。

△ 9 サトノギャラント・・・力は上位と互角ですが、今の馬場を考えると・・・。
☆ 1 アンコイルド・・・内中団前目追走から抜け出し可能。
注 16 メイショウウズシオ・・・大外枠だが3着に食い込む可能性はある。

そろそろ的中させないとな~w