第32回小倉2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第32回小倉2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

小倉2歳ステークス(GⅢ)は7~8枠が(5-6-3-27)と中々の成績を残しています。人気でみてみると1番~5番人気の馬が(9-7-7-27)とほぼ独占状態です。また、前走未勝利戦を勝ち上がってきた馬が(6-2-3-38)と侮れません。小倉2歳ステークス(GⅢ)は『7~8枠』、『1~5番人気』、『前走未勝利戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走0.6秒差以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
テイエムシングンマルシゲサムライ

②前走重賞・OP戦に出走し、4着以下だった馬は(0-0-0-14)です。
【該当馬】
テイエムシングントルークマクト

③前走5番人気以下だった馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
トルークマクトメイショウユウダチ

④10頭立て以上戦未経験の馬は(0-0-0-40)です。※前走OP連対か5馬身圧勝馬は除く
【該当馬】
ケイアイウィルゴースイートドーナッツスマートアレンジピンゾロマイネヴァイザー

⑤前走1200m以下戦で2馬身差以上の快勝がない連闘馬(0-0-0-20)です。
【該当馬】
クロフネサプライズ

⑥3戦以上経験馬で、前3走とも芝1200m以上戦に出走し、2回以上連対を外していた馬は(0-0-0-16)です。※前走2馬身以上の快勝馬は除く
【該当馬】
テイエムシングントルークマクトマルシゲサムライ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭(全16頭)です。この6頭は攻略データ(1)もクリアしていますので期待できそうですね。あとは枠順が発表された後に、展開や馬場を考慮して最終予想を行っていきます。