第32回新潟2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第32回新潟2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

新潟2歳ステークス(GⅢ)は意外にも外一辺倒ではなく、4枠が(2-1-2-14)、5枠が(3-1-1-14)と好成績を残しています。レース間隔では5~9週の馬が(5-4-4-52)と少し休養した馬が良い結果を残しており、前走の距離でみてみると1400m戦に出走していた馬が(8-3-4-49)と勝率はNo1です。新潟2歳ステークス(GⅢ)は『4~5枠』、『5~9週』、『前走1400m』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走牝馬限定戦の新馬・未勝利戦に出走していた馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
モーニングコール

②前走OP戦に出走し、4番人気以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
シゲルイルカザタガノラルフ

③前走ダート戦に出走していた馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
ノウレッジ

④前走小倉競馬場だった馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
カラフルブラッサムサウンドアドバイス

⑤前走芝(良・やや重)戦で、上り3F36秒0以上かかった馬は(0-0-0-28)です。※前走3馬身差以上圧勝馬は除く
【該当馬】
シゲルイルカザショウナンアンカータガノラルフノウレッジユキノユウダン

⑥前走1200m以下の新馬・未勝利戦敗退、勝っても1馬身差未満の馬は(0-0-0-16)です。
【該当馬】
サウンドアドバイスノウレッジロジウエスト

⑦前走ダリア賞で4着以下の馬のうち、2走前に芝戦で4馬身以上の圧勝をしていない馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
コスモリープソング

⑧前走芝1400m戦に出走し、1分23秒5を切っていないキャリア1戦馬は(0-0-0-9)です。※2馬身以上の快勝馬は除く
【該当馬】
サウンドアリーナショウナンアンカーミナレット

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭(全18頭)です。この6頭のうち攻略データ(1)もクリアしているのは5頭で、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとエフティチャーミー、クラウンアトラス、ザラストロ、ナンヨーケンゴー、メイショウオオゼキの5頭に注目していきたいです。あとは調教データ、馬場・展開を考慮して最終予想をしていきたいと思います。