第29回エプソムカップ(GⅢ)攻略データ(2)

NO IMAGE

エプソムカップ(GⅢ)は4歳馬が(5-3-3-34)、5歳馬が(4-5-2-37)と4、5歳馬中心で考えて良さそうで、脚質は先行馬が(6-2-4-27)と東京競馬場1800mの特徴がでています。内枠先行馬は人気がなくても要注意ですね。また、前走10着以下だった馬は(0-0-2-58)と苦戦していますので、ここでは軽視で良さそうです。エプソムカップ(GⅢ)は『4~5歳馬』、『先行馬』、『前走10着以下は軽視』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

関西馬の情報ならばこのサイトが一番役に立ちますョ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
競馬は栗東からの情報で勝つ!!CHECKMATE

①前走OP特別に出走し、10着以下だった馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
オセアニアボスキングストリート

②前走2500m以上戦に出走した馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
アクシオン

③前走1600m以上G3以下戦に出走し、10番人気以下だった馬は(0-0-0-28)です。※3ヶ月以上の休養馬、東京芝3勝以上の馬は除く
【該当馬】
トップゾーンマイネルスターリー

④東京芝戦に6回以上出走し、1勝以下の馬は(0-0-0-27)です。※前3走内にG1戦5着内、G2戦4着内、G3戦3着内、OP戦連対、条件戦2馬身以上の勝ち馬は除く
【該当馬】
キングストリートマイネルスターリー

⑤前走非重賞戦に出走し、6番人気以下かつ10着以下だった馬は(0-0-0-16)です。
【該当馬】
アクシオンオセアニアボスキングストリート

消し馬データをクリアしたのは13頭(全18頭)でした。結構残っちゃいましたね。ということで久しぶりに連対候補まで絞ってみましょう。

⑥半年以上の休養明けの馬は(0-0-1-16)です。
【該当馬】
レッツゴーキリシマ

⑦前走重賞戦に出走し、10着以下だった馬は(0-0-2-46)です。
【該当馬】
アクシオンサンライズベガ

⑧前走OP特別に出走し、6番人気以下だった馬は(0-0-1-22)です。
【該当馬】
オセアニアボスキングストリート

⑨前走1.0秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-2-57)です。
【該当馬】
アクシオンオセアニアボスキングストリートサンライズベガ

⑩前3走内1600~2000mのG3以下芝戦に出走した馬のうち、斤量55キロ以下かつ6着以下歴のある牡・セン馬は(0-0-2-58)です。※前3走内に重賞連対・OP1着のある馬は除く
【該当馬】
ダノンスパシーバトップゾーンヤマカツハクリュウ

⑪牝馬は(0-0-3-20)です。
【該当馬】
レディアルバローザ

連対候補まで残ったのは8頭です。この8頭のうち攻略データ(1)もクリアしているのは5頭、さらに冒頭で述べた3つのキーワードを考慮するとシルクアーネスト、ダイワファルコン、トーセンレーヴの3頭が良さそうです。あとは実績データ、調教データ、馬場・展開を考慮して最終予想をしていきたいと思います。

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ