第62回安田記念(GⅠ)攻略データ(1)

第62回安田記念(GⅠ)攻略データ(1)

安田記念(GⅠ)は東京競馬場・芝・左1600mで行われます。このコースはスタミナ消耗戦になるコースで、逃げ馬がこのコースを逃げ切れるのはJRAのあらゆるコースの中で最も難しいと言われています。中距離を走れるくらいのスタミナが要求され、脚質的な狙いは断然差し馬です。昨年も上り3F平均タイム上位5頭の中に入っていた2頭が1・2着でしたので今年も注意しなければならないですね。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭(外国馬含む)が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年の京王杯SCで連対、かつ過去1年以内に芝1600mのG2以上で3着以内
05年 7番人気1着アサクサデンエン(京王杯SC 1着/マイラーズC 3着)
04年 4番人気2着テレグノシス(京王杯SC 2着/ジャックルマロワ賞 3着)

【該当馬】
サダムパテック

②前走(同年)OPクラスの芝・ダ1400m以上で6着以内、かつ過去に芝2000m以上のG1で連対
11年 3番人気3着スマイルジャック(マイラーズC 6着/08年日本ダービー 2着)
10年 5番人気3着スマイルジャック(マイラーズC 5着/08年日本ダービー 2着)
09年 1番人気1着ウオッカ(ヴィクトリアマイル 1着/08年天皇賞秋 1着)
09年 2番人気2着ディープスカイ(産経大阪杯 2着/08年日本ダービー 1着)
08年 2番人気1着ウオッカ(ヴィクトリアマイル2着/07年日本ダービー1着)
07年 2番人気1着ダイワメジャー(ドバイデューティーフリー 3着/06年天皇賞秋 1着ほか)
06年 3番人気1着ブリッシュラック(チャンピオンズマイル 1着/04年香港C 2着)
05年 10番人気2着スイープトウショウ(都大路S 5着/04年秋華賞 1着ほか)
04年 6番人気1着ツルマルボーイ(産経大阪杯 6着/03年天皇賞秋 2着ほか)
03年 4番人気1着アグネスデジタル(かきつばた記念 4着/01年天皇賞秋 1着ほか)
02年 2番人気2着ダンツフレーム(京王杯SC 4着/01年日本ダービー 2着ほか)

【該当馬】
アパパネサダムパテックペルーサ

③年明け以降、古馬牡馬混合のG2以上を含み準OPクラス以上の芝1000~1600mでオール3着以内(2戦以上消化)
05年 5番人気3着サイレントウィットネス(チャンピオンズマイル2着/クイーンズシルバージュビリーC 1着/チェアマンズスプリントP 1着)
02年 7番人気1着アドマイヤコジーン(高松宮記念 2着/阪急杯 1着/東京新聞杯 1着)

【該当馬】
コスモセンサーマルセリーナレオプライム

④過去1年以内に芝1600m以下のG1で1着
06年 10番人気2着アサクサデンエン(05年安田記念 1着)
06年 8番人気3着ジョイフルウイナー(クイーンズシルヴァージュビリーC 1着)

【該当馬】
エイシンアポロンリアルインパクト

⑤前走(同年)OPクラスの芝・ダ1200m以上で3着以内
11年 9番人気1着リアルインパクト(NHKマイルC 3着)
11年 5番人気2着ストロングリターン(京王杯スプリングC 1着)
10年 8番人気1着ショウワモダン(メイS 1着)
09年 10番人気3着ファリダット(京王杯SC 3着)
08年 5番人気2着アルマダ(チャンピオンズM 2着)
08年 9番人気3着エイシンドーバー(マイラーズC 3着)
07年 3番人気2着コンゴウリキシオー(マイラーズC 1着)
03年 1番人気3着ローエングリン(マイラーズC 1着)
02年 4番人気3着ミレニアムバイオ(マイラーズC 1着)

【該当馬】
ガルボコスモセンサーサダムパテックショウナンマイティシルポートスピリタスダノンシャークドナウブルーペルーサマルセリーナレオプライム

⑥過去に東京芝2000m以下の重賞で1着
10年 6番人気2着スーパーホーネット(08年毎日王冠 1着)
04年 5番人気3着バランスオブゲーム(03年毎日王冠 1着)
03年 6番人気2着アドマイヤマックス(01年東スポ杯2歳S 1着)

【該当馬】
アパパネエイシンアポロンガルボグランプリボスサダムパッテクストロングリターンスマイルジャックダノンヨーヨーリアルインパクトローズキングダム

⑦同年に芝1600m以下の重賞で1着
07年 9番人気3着ジョリーダンス(阪神牝馬S 1着)

【該当馬】
ガルボサダムパッテクシルポートドナウブルー

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は19頭(全25頭)です。かなりの馬が残りましたね(笑)。あと外国馬は2頭参戦予定ですのでさらに難しくなりそうです。そんな感じですが、本日のデータのみで評価するとサダムパテックが良さそうですね。