第79回東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)攻略データ(1)

第79回東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)攻略データ(1)

東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)は先週行われはオークスと同様の東京競馬場・芝・左2400mで行われます。馬場改造前は3コーナーの下りで速くなることが多く差し馬が勝つケースが多かったですが、馬場改造後は4コーナー出口まで速くなるのが持ち越されました。この影響で前がとまりににくくなり、差し馬が一歩届かないケースが増えています。東京競馬場2400mでは強い先行馬を狙うのがベストですし、今の東京競馬場の馬場を考えても強い先行馬を選びたいですね。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬先強の法則を参考)。

①皐月賞1着を含め重賞を連勝中
11年 1番人気1着オルフェーブル(皐月賞 1着/スプリングS 1着)
10年 1番人気3着ヴィクトワールピサ(皐月賞 1着/弥生賞 1着)
06年 1番人気1着メイショウサムソン(皐月賞 1着/スプリングS 1着)
05年 1番人気1着ディープインパクト(皐月賞 1着/弥生賞 1着)
03年 1番人気1着ネオユニヴァース(皐月賞 1着/きさらぎ賞 1着)

【該当馬】
ゴールドシップ

②皐月賞3着以内、かつ同年に芝1600m以上の重賞で1着
10年 7番人気1着エイシンフラッシュ(皐月賞 3着/京成杯 1着)
06年 7番人気3着ドリームパスポート(皐月賞 2着/きさらぎ賞 1着)

【該当馬】
ゴールドシップワールドエース

③前走芝1600m以上の重賞を含め連勝中
08年 1番人気1着ディープスカイ(NHKマイルC 1着/毎日杯 1着)
06年 4番人気2着アドマイヤメイン(青葉賞 1着/毎日杯 1着)
04年 1番人気1着キングカメハメハ(NHKマイルC 1着/毎日杯 1着)
03年 3番人気2着ゼンノロブロイ(青葉賞 1着/山吹賞 1着)
02年 3番人気2着シンボリクリスエス(青葉賞 1着/山吹賞 1着)

【該当馬】
ゴールドシップトーセンホマレボシ

④前走芝1600m以上のG1で5着以内、かつ過去に芝1600m以上の重賞を2勝以上
10年 5番人気2着ローズキングダム(皐月賞 4着/朝日杯FS 1着ほか)
07年 3番人気1着ウオッカ(桜花賞 2着/チューリップ賞 1着ほか)
02年 1番人気1着タニノギムレット(NHKマイルC 3着/スプリングS 1着ほか)

【該当馬】
グランデッツァ

⑤皐月賞に出走、かつ弥生賞、きさらぎ賞、スプリングSのいずれかで連対
11年 8番人気2着ベルシャザール(皐月賞 11着/スプリングS 2着)
09年 2番人気1着ロジユニヴァース(皐月賞 14着/弥生賞 1着)
09年 5番人気2着リーチザクラウン(皐月賞 13着/きさらぎ賞 1着)
08年 12番人気2着スマイルジャック(皐月賞 9着/きさらぎ賞 2着)
08年 6番人気3着ブラックシェル(皐月賞 6着/弥生賞 2着)
07年 14番人気2着アサクサキングス(皐月賞 7着/きさらぎ賞 1着)
07年 4番人気3着アドマイヤオーラ(皐月賞 4着/弥生賞 1着)

【該当馬】
グランデッツァコスモオオゾラディープブリランテトリップワールドエース

⑥過去2走以内にOPクラスの芝2200m以上で1着
11年 10番人気2着ウインバリアシオン(青葉賞 1着)
05年 2番人気2着インティライミ(京都新聞杯 1着)
04年 5番人気2着ハーツクライ(京都新聞杯 1着)
04年 3番人気3着ハイアーゲーム(青葉賞 1着)

【該当馬】
トーセンホマレボシフェノーメノ

⑦過去に芝2000mの重賞を含みOPクラスの芝2000mで2回以上連対
05年 7番人気 3着シックスセンス(皐月賞 2着/京成杯 2着)
03年 7番人気 3着ザッツザプレンティ(ラジオたんぱ杯 1着/京都2歳S 2着)

【該当馬】
ゴールドシップトリップワールドエース

⑧前走(同年4月以降)OPクラスの芝1800m以上で連対、かつデビュー以来芝のレースで6着以下なしか、過去に芝1600m以上の重賞で1着
09年 8番人気3着アントニオバローズ(プリンシパルS 2着/シンザン記念 1着)
02年 6番人気3着マチカネアカツキ(プリンシパルS 2着 ※東京芝2200)

【該当馬】
ゴールドシップスピルバーグトーセンホマレボシワールドエース

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータに該当したのは9頭(全24頭)でした。本日のデータのみで予想すると◎ゴールドシップ、〇ワールドエース、▲トーセンホマレボシ、△グランデッツァといったところでしょうか。皐月賞1・2着馬が抜け出ている感じがしますが、皐月賞で負けた馬の巻き返しにも注意しなくてはならない感じです。