第60回京都新聞杯(GⅡ)攻略データ(1)

第60回京都新聞杯(GⅡ)攻略データ(1)

京都新聞杯(GⅡ)は脚質で見てみると差し馬が(6-3-4-34)と好走していますので、中位差しを得意とする馬には注目ですね。また、1~3番人気の馬が(8-4-3-15)と好成績を残していますが、6~10番人気の馬が(2-5-4-39)と穴馬にも気を付けた方が良いです。ただし、11番人気以下は(0-0-0-44)ですので大穴を狙いすぎるのは危険ですョ(笑)。また前走6~9着の馬が(3-1-1-18)、10着以下の馬が(3-1-0-14)と巻き返しにも注意が必要です。京都新聞杯(GⅡ)は『差し馬』、『6~10番人気』、『前走6着以下』が穴馬をみつける3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前2走(重賞除く)とも4番人気以下の馬は(0-0-0-58)です。※前走500万下特別戦以上で勝った馬は除く
【該当馬】
オビーディエントククイナッツレイ

②2ヶ月以上の休養明けの馬は(0-0-0-19)です。※前走重賞連対馬は除く
【該当馬】
エキストラエンドオビーディエントサイレントサタデー

消し馬データは以上です・・・少ない・・・。ということで連対候補まで絞ってみましょう。

③前走未勝利戦に出走していた馬は(0-0-2-29)です。
【該当馬】
ヴァンセンヌタニノシュヴァリエプロフェッサー

④右回り芝戦に3回以上出走し未勝利の馬は(0-0-1-15)です。
【該当馬】
アドマイヤバラード

連対候補までのデータも以上です。ん~優勝候補まで絞ってみますか(笑)。

⑤前走500万下戦に出走し、3番人気以下だった馬は(0-2-3-33)です。
【該当馬】
オビーディエントショウナンカンムリ

Advertisement

優勝候補まで残ったのは4頭(全13頭)です。この4頭のうち冒頭で述べた3つのキーワードを考慮するとベールドインパクト本命評価といったところでしょうか。また、京都競馬場の外回りコースで直線が長く、キレのある差し馬が活躍していますので、上り3Fで速いタイムがある馬にも注目したほうが良いと思いますよ。