第72回皐月賞(GⅠ)攻略データ(2)

NO IMAGE

皐月賞(GⅠ)は中4週の馬は(7-6-2-62)と好成績を残しており、逆に中3週以下の馬は(0-0-0-18)と苦戦傾向です。また前走1着の馬は(7-2-6-45)と軸馬にするのには良さそうですね。逆に10着以下の馬は(0-0-0-19)なので軽視で良さそうです。中山2000mは通常逃げ・先行馬が有利と言われていますが、皐月賞では緩みないペースになることが多く、差し馬が(5-4-5-59)と好走しています。皐月賞(G1)は『中4週』、『前走1着』、『差し馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走1.0秒以上の差をつけられて敗退している馬は(0-0-0-21)です。
【該当馬】
モンストールスノードンマイネルロブストフジマサエンペラーゼロス

②前走10着以下の馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
ゼロス

③前走5番人気以下かつ5着以下だった馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
モンストールスノードンゼロス

④中3週以下のローテンションの馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
フジマサエンペラー

⑤前走3番人気以下かつ6着以下の馬は(0-0-1-90)です。このうち、2・3走前ともにOP以上戦連対馬を除くと(0-0-0-78)です。※2走前重賞2馬身差以上の快勝、前3走内G1戦3着以内の好走馬は除く
【該当馬】
スノードンゼロスモンストール

⑥キャリア5戦以上で、前3走内に重賞3着内の好走がない馬は(0-0-0-77)です。※連対4回以上の実績馬は除く
【該当馬】
サトノギャラントスノードン

⑦前走2200m以上戦に出走していた馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
シルバーウエイブベールドインパクト

⑧朝日杯FSに出走し、1秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-26)です。※前走重賞戦で4馬身以上圧勝馬は除く
【該当馬】
スノードン

⑨キャリア5戦以下で、年明け1戦以下の馬は(0-0-0-19)です。※重賞勝ち、または2000m以上のOP勝ち馬は除く
【該当馬】
サトノギャラントシルバーウエイブフジマサエンペラー

⑩キャリア3戦以下で、3馬身以上の差をつけての快勝歴のない馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
アダムスピークシルバーウエイブ

消し馬データをクリアしたのは9頭(全18頭)です。皐月賞も連対候補まで絞ってみましょう。

⑪前走が皐月賞トライアルであるスプリングS、弥生賞、若葉Sのいずれかに出走していない馬は(0-0-3-53)です。
【該当馬】
ベールドインパクトスノードンフジマサエンペラーシルバーウエイブゴールドシップ

⑫キャリア4戦以上の芝1勝以下の馬のうち、前走0.5秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-3-63)です。
【該当馬】
フジマサエンペラーロジメジャー

⑬年明け3歳以降2戦以上出走し、マイル以上戦で連対のない馬は(0-0-2-63)です。
【該当馬】
アーデントスノードン

⑭スプリングSで、0.8秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-1-53)です。
【該当馬】
サトノギャラントゼロスマイネルロブストモンストールロジメジャー

⑮キャリア5戦以下の2ヶ月以上の休養馬は(0-0-4-26)です。
【該当馬】
ゴールドシップ

⑯2歳デビューで年明け3戦以上出走し、前2走とも連勝中の馬は、前走馬体重増・前走重賞4馬身差の以上の圧勝馬を除き(0-0-4-15)です。
【該当馬】
ワールドエース

連対候補まで残った馬は5頭です。この5頭のうち攻略データ(1)もクリアしている馬は4頭で、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮すると、◎グランデッツァ、〇ディープブリランテ、▲コスモオオゾラ、△トリップといったところでしょうか。あとは実績データ、調教データ、展開・馬場も考慮し最終予想をしていきたいと思います。

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ