第72回皐月賞(GⅠ)攻略データ(1)

NO IMAGE

皐月賞(GⅠ)は中山競馬場・芝・右2000mで行われます。スタートから1コーナーまで400mと先行争いには十分な距離ですが、200mほどいくと5m上る急坂にさしかかるため、自然と減速して並びが落ち着きやいです。全体的には平均ペースに近いスローペースか、やや速めの平均ペースになります。また、中山競馬場の特徴でもあるゴール前の上り坂が利いて前崩れが起こるのは、超ハイペースになった場合に限り、基本は逃げ・先行馬が狙い目です。また4つのコーナーを越える中距離戦ですので、基本内枠有利と言われています。それでは過去11年で3着以内に好走した全30頭中30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探してきましょう。※東京競馬場で行われた11年は除く

①弥生賞もしくはスプリングSを4コーナー3番手以内、かつメンバー最速の上りで1着
05年 1番人気1着ディープインパクト(弥生賞 1着/3番手 ※1位)
04年 1番人気2着コスモバルク(弥生賞 1着/2番手 ※1位)
03年 1番人気1着ネオユニヴァース(スプリングS 1着/2番手 ※1位)
01年 1番人気1着アグネスタキオン(弥生賞 1着/3番手 ※1位)

【該当馬】
該当馬なし

②前走(同年3月以降)芝1800~2000mのOPクラスのレースで4コーナー3番手以内、かつメンバー中3位以内の上りで1着
07年 7番人気1着ヴィクトリー(若葉S 1着/1番手 ※2位)

【該当馬】
該当馬なし

③弥生賞もしくはスプリングSで4コーナー3番手以内、4着以内に入線
08年 7番人気1着キャプテントゥーレ(弥生賞 4着/ 3番手)
08年 1番人気3着マイネルチャールズ(弥生賞1着/ 2番手)
06年 6番人気1着メイショウサムソン(スプリングS 1着/ 2番手)
05年 3番人気3着アドマイヤジャパン(弥生賞2着/ 3番手)
04年 10番人気1着ダイワメジャー(スプリングS 3着/ 2番手)
04年 6番人気3着メイショウボーラー(弥生賞 2着/ 1番手)
03年 3番人気3着エイシンチャンプ(弥生賞 1着/ 3番手)

【該当馬】
トリップ

④過去にOPクラスの中山芝2000mで2度以上3着以内に好走
07年 15番人気2着サンツェッペリン(京成杯 1着/ホープフルS 2着)
02年 8番人気2着タイガーカフェ(弥生賞 3着/ホープフルS 1着)

【該当馬】
該当馬なし

⑤同年に中山芝1800~2000mの重賞で3着以内、かつ過去に他のOPクラスの芝2000mで3着以内
10年 1番人気1着ヴィクトワールピサ(弥生賞 1着/ラジオNIKKEI杯2歳S 1着)
09年 3番人気1着アンライバルド(スプリングS 1着/若駒S 1着)
06年 10番人気2着ドリームパスポート(スプリングS 3着/京都2歳S 2着)
05年 12番人気2着シックスセンス(京成杯 2着/京都2歳S 3着)

【該当馬】
グランデッツァトリップ

⑥前走OPクラスの芝1600~2000mで1着
10年 11番人気3着エイシンフラッシュ(京成杯 1着)
07年 2番人気3着フサイチホウオー(共同通信杯 1着)
06年 2番人気3着フサイチジャンク(若葉S 1着)
02年 1番人気3着タニノギムレット(スプリングS 1着)
01年 3番人気2着ダンツフレーム(アーリントンC 1着)
01年 2番人気3着ジャングルポケット(共同通信杯 1着)

【該当馬】
グランデッツァコスモオオゾラゴールドシップワールドエース

⑦過去にOPクラスの芝1600m以上で2回以上連対
10年 6番人気2着ヒルノダムール(若葉S 2着/若駒S 1着)
09年 4番人気3着セイウンワンダー(朝日杯FS 1着/新潟2歳S 1着)
08年 6番人気2着タケミカヅチ(共同通信杯2着/デイリー杯2歳 2着)
03年 2番人気2着サクラプレジデント(スプリングS 2着/朝日杯FS 2着)

【該当馬】
グランデッツァゴールドシップディープブリランテトリップマイネルロブストワールドエース

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は7頭(全22頭)でした。結構絞れましたね(笑)。本日のデータのみで評価すると◎トリップ、〇グランデッツァ、▲ゴールドシップ、ワールドエースといったところでしょうか。

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ