第56回産経大阪杯(GⅡ)攻略データ(2)

第56回産経大阪杯(GⅡ)攻略データ(2)

産経大阪杯(GⅡ)は1番人気の馬が(6-2-1-1)と圧倒的な成績を残しており、逆に11番人気以下の馬は(0-0-0-23)と大波乱の可能性は少ないですね。年齢別に見てみると4歳馬が(6-3-3-21)、5歳が(2-2-5-23)と若い馬のほうが活躍しています。また、5枠が(6-1-0-9)と面白いデータをもありますよ(笑)。産経大阪杯(GⅡ)は『1番人気』、『4~5歳馬』、『5枠』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①G1、G2での勝利のない7歳以上の馬は(0-0-0-16)です。
【該当馬】
ダンツホウテイ

②前走G3、OP特別に出走し、5番人気以下だった馬は(0-0-0-30)です。
【該当馬】
ダンツホウテイフライングアップルメイショウカンパク

③前2走内にG3以下戦に出走し、3番人気以下かつ斤量57キロ以下で、1秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-56)です。
【該当馬】
ソリタリーキングフライングアップルメイショウカンパク

産経大阪杯の完全消し馬データは以上です。ちょっと少ないので連対候補まで絞ってみましょう。

④前走G2戦に出走し、6着以下の馬は(0-0-1-10)です。
【該当馬】
ナリタクリスタル

⑤前走OP特別に出走し、2着以下の馬は(0-0-2-21)です。
【該当馬】
ソリタリーキングフライングアップル

⑥前3走内に海外を含むG3以下戦で、4着以下が2回以上あった馬は(0-0-2-86)です。※前走G2以上戦で連対した馬は除く
【該当馬】
ダンツホウテイフライングアップル

⑦前2走ともJRA戦6番人気以下だった馬は(0-0-2-75)です。※前走G2以上戦で連対した馬は除く
【該当馬】
ダンツホウテイナリタクリスタルフライングアップルメイショウカンパクローズキングダム

⑧前3走内にG1戦3着以内、G2戦1着、G3戦斤量58キロ以上で1着のいずれかがなく、2000m戦4勝以下の6歳以上の馬は(0-0-1-140)です。※2ヶ月以上の休養馬、前走レコード勝ち馬を除く
【該当馬】
ダンツホウテイフライングアップル

⑨前3走内に日本の芝(良・やや重)戦3番人気以下で、10着以下の大敗が2回以上ある馬は(0-0-1-25)です。
【該当馬】
アーネストリーローズキングダム

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭で、連対候補まで残ったのは5頭でした。この5頭のうち攻略データ(1)もクリアしているのはトーセンジョーダンナカヤマナイトフェデラリストの3頭です。後はこの3頭を中心に調教データと実績データを考慮し最終予想をしていきます。