第38回ジャパンカップ(GⅠ)攻略データ(1)

第38回ジャパンカップ(GⅠ)攻略データ(1)

ジャパンカップ(GⅠ)は東京競馬場・芝・左2400mで行われます。このコースは最初のコーナーまでおよそ350mあり、ゴール板を一度通過しコースを1周します。基本的には長距離戦とあって、「スローペースからの瞬発力勝負」になる事が多いですが、逃げ馬のペースによって勝ち馬の脚質は様々です。スピード、スタミナがバランス良く求められ、逃げ切りは非常に困難です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年に芝2000m以上の古馬牡馬混合G1を2勝以上の日本馬
17年 1番人気3着キタサンブラック(大阪杯 1着/天皇賞(春)1着/天皇賞(秋)1着)
15年 1番人気3着ラブリーデイ(宝塚記念 1着/天皇賞秋 1着)

【該当馬】
該当馬なし

②同年に芝2000m以上の古馬牡馬混合G1で連対の日本馬
17年 5番人気1着シュヴァルグラン(天皇賞春 2着)
16年 1番人気1着キタサンブラック(天皇賞春 1着)
14年 6番人気3着スピルバーグ(天皇賞秋 1着)
13年 1番人気1着ジェンティルドンナ(天皇賞秋 2着)
12年 1番人気2着オルフェーヴル(宝塚記念 1着)
12年 2番人気3着ルーラーシップ(宝塚記念 2着ほか)
11年 2番人気1着ブエナビスタ(宝塚記念 2着)
11年 6番人気2着トーセンジョーダン(天皇賞秋 1着)
10年 1番人気2着ブエナビスタ(天皇賞秋 1着)
08年 2番人気3着ウオッカ(天皇賞秋 1着)

【該当馬】
シュヴァルグランスワーヴリチャードミッキーロケット

③過去に東京芝2000m以上のG1を2勝以上
09年 1番人気1着ウオッカ(日本ダービー 1着/天皇賞秋 1着)

【該当馬】
該当馬なし

④同年に芝2000m以上のG1で1着の日本の3歳馬
17年 2番人気2着レイデオロ(日本ダービー 1着)
12年 3番人気1着ジェンティルドンナ(秋華賞 1着ほか)
10年 8番人気3着ヴィクトワールピサ(皐月賞 1着)
09年 6番人気3着レッドディザイア(秋華賞 1着)
08年 1番人気2着ディープスカイ(日本ダービー 1着ほか)

【該当馬】
アーモンドアイ

⑤同年8月以降に芝1800m以上のG2以上で1着、かつ同年に芝2000m以上のG1で3着以内
16年 6番人気3着シュヴァルグラン(アルゼンチン共和国杯 1着/天皇賞春 3着)
15年 4番人気1着ショウナンパンドラ(オールカマー 1着/宝塚記念 3着)
13年 7番人気2着デニムアンドルビー(ローズS 1着/オークス 3着)
10年 4番人気1着ローズキングダム(神戸新聞杯 1着/菊花賞 2着ほか)

【該当馬】
アーモンドアイ

⑥同年に芝2400m以上のG2以上で1着の日本馬
09年 2番人気2着オウケンブルースリ(京都大賞典 1着)
08年 9番人気1着スクリーンヒーロー(アルゼンチン共和国杯 1着)

【該当馬】
アーモンドアイウインテンダネスガンコサトノダイヤモンドスワーヴリチャードミッキーロケット

⑦過去に東京芝2000m以上の古馬混合G1で連対
14年 3番人気2着ジャスタウェイ(13年天皇賞秋 1着)
13年 11番人気3着トーセンジョーダン(11年天皇賞秋 1着ほか)

【該当馬】
サウンズオブアースサトノクラウンシュヴァルグラン

⑧過去に芝3000m以上のG1で1着、かつ東京芝2400m以上のG2以上で連対
14年 4番人気1着エピファネイア(13年菊花賞 1着/13年日本ダービー 2着)
11年 14番人気3着ジャガーメイル(10年天皇賞春 1着/09年目黒記念 2着ほか)

【該当馬】
サトノダイヤモンド

⑨過去に芝2400m以上のG1で2回以上連対
16年 5番人気2着サウンズオブアース(15年有馬記念 2着/14年菊花賞 2着)

【該当馬】
カプリサウンズオブアースサトノダイヤモンドシュヴァルグラン

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は9頭(全16頭)です。今年のジャパンカップは牝馬3冠を達成したアーモンドアイが人気になりそうで、3歳牝馬でジャパンカップを制する事ができるか楽しみです。他は良いメンバーが揃ってはいますが、抜けた存在の馬はおらず群雄割拠状態です。まだまだいつも通りのデータを収集していきますが、現時点での本命候補は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】としておきます。