第29回フェブラリーステークス(GⅠ)攻略データ(2)

第29回フェブラリーステークス(GⅠ)攻略データ(2)

フェブラリーステークス(GⅠ)は4歳馬が(4-5-1-30)、5歳馬が(5-2-2-20)と4~5歳馬中心に予想していくのが良さそうですね。また1番人気の馬が(8-0-1-1)と圧倒的な成績を残しており、穴を狙うならば2着、3着にといったところでしょうかね。後は前走1着馬は(6-3-5-21)、2着馬は(2-2-1-18)、3着馬が(1-2-1-12)と前走もそれなりの走りをしていないと苦しいようですね。フェブラリーステークスは『4~5歳馬』、『1番人気』、『前走1~3着馬』が好走馬を探すキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走4番人気以下だった7歳以上の馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
スマイルジャックライブコンサート

②中1週以内の馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
ケイアイテンジンスマイルジャック

③前2走とも2000m未満戦5着以下の馬は(0-0-0-52)です。
【該当馬】
スマイルジャックダノンカモンナイキマドリードライブコンサート

④前走G2以下戦に出走し、3着以下かつ斤量増の馬は(0-0-0-49)です。※前々走G1連対馬を除く
【該当馬】
タガノロックオンダノンカモンヒラボクワイルド

⑤左回りダート戦に5回以上出走し、連対率5割未満の馬は(0-0-0-47)です。※前走G1連対馬は除く
【該当馬】
ケイアイテンジンセイクリムズンテスタマッタ

⑥前3走とも1800m未満戦に出走した左回りダート4勝以下の馬のうち、前走G3以下1400m以下戦で58キロ以下で敗退、勝っても1馬身未満だった馬は(0-0-0-24)です。
【該当馬】
セイクリムズントウショウカズンヒラボクワイルド

⑦前走または前々走に平安Sに出走し、0.5秒差以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-23)です。※前3走内にG2以上で連対している馬は除く
【該当馬】
タガノロックオン

⑧前走2キロ以上の体重減で敗退した7歳以上の馬は(0-0-0-16)です。
【該当馬】
ヤマニンキングリーライブコンサート

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は5頭(全16頭)で、この5頭は攻略データ(1)もクリアしています。冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとトランセンドとグランプリボス良さそうです。ただグランプリボスは初ダートで、しかもG1・・・毎年こういうパターンの馬がいますがさすがに厳しいと思います。私は今のところ捨てでいこうと考えています。ということで現時点の◎はトランセンドということで。