第62回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第62回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(1)

ダイヤモンドステークス(GⅢ)は東京競馬場・芝・左3400mで行われます。向う正面直線半ばからスタートし、最初の3コーナーまでの直線距離は260mあります。下りスタートから合計4回坂を上るのが大きな特徴で、極端なスローペースになると馬群が広がってしまい、外を回ると距離損が大きいです。出来る限り内々でロスなく乗る事が勝つ秘訣でしょうか。それでは過去8年(芝3400mに変更された04年以降を参考)で3着以内に好走した全24頭が該当するデータを元に好走しそうな馬をさがしていきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年の万葉Sで3着以内、かつ過去に芝の重賞で3着以内
08年 1番人気1着アドマイヤモナーク(万葉S 1着/日経新春杯 1着)
07年 1番人気1着トウカイトリック(万葉S 2着/06年ステイヤーズS 2着ほか)
06年 3番人気1着マッキーマックス(万葉S 3着/03年シンザン記念 2着)
05年 4番人気3着チャクラ(万葉S 2着/04年目黒記念 1着ほか)
04年 2番人気1着ナムラサンクス(万葉S 1着/02年神戸新聞杯 3着)

【該当馬】
マカニビスティー

②同年の万葉Sで7着以内
11年 2番人気1着コスモメドウ (万葉S 1着)
10年 10番人気3着ドリームフライト(万葉S 7着)
09年 12番人気2着ブレーヴハート(万葉S 4着)
05年 8番人気2着ハイフレンドトライ(万葉S 3着)

【該当馬】
エナジーバイオトウカイトリックピエナファンタストマカニビスティーリッカロイヤル

③前年12月以降に準OPクラスの中山芝2500mで3着以内
09年 2番人気1着モンテクリスエス(迎春S 2着)
08年 2番人気2着コンラッド(迎春S 1着)
06年 7番人気2着メジロトンキニーズ(迎春S 3着)
04年 3番人気2着ミッキーベル(迎春S 1着)

【該当馬】
該当馬なし

④前年12月以降に準OPクラス以上の芝2400m以上で5着以内
11年 6番人気3着キタサンアミーゴ (松籟S 1着)
07年 6番人気2着エリモエクスパイア(オリオンS 4着)
07年 10番人気3着アドバンテージ(迎春S 4着)

【該当馬】
エナジーバイオギュスターヴクライスマートロビンタニノエポレットトウカイトリックドパンガノーステアビートブラックピエナファンタストマイネルキッツマカニビスティーリッカロイヤル

⑤前走1000万クラス以上の芝2200m以上で5着以内
10年 4番人気2着ベルウッドローツェ(グッドラックHC 1着)
09年 7番人気3着スノークラッシャー(初咲特別 1着)
08年 12番人気3着レーザーズエッジ(許波多特別 4着)
05年 10番人気1着ウイングランツ(箱根S 2着)

【該当馬】
エナージバイオギュスターヴクライサンテミリオンスマートロビンタニノエポレットトパンガノーステアビートブラックマイネルキッツマカニビスティーリッカロイヤル

⑥過去1年以内に芝2000m以上の重賞で5着以内
11年 8番人気2着コスモヘレノス (ステイヤーズS 1着ほか)
10年 1番人気1着フォゲッタブル(ステイヤーズS 1着ほか)
06年 9番人気3着トウカイトリック(福島記念 2着)
04年 6番人気3着タニノエタニティ(産経大阪杯 5着)

【該当馬】
オウケンブルースリギュスターヴクライコスモヘレノスサンテミリオンスマートロビントウカイトリックビートブラックピエナファンタストマイネルキッツマカニビスティーヤングアットハート

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアしたのは16頭(全23頭)です。ハンデ戦なので軽ハンデの馬の活躍が多いのも特徴で、過去10年の連対馬20頭のうち10頭は条件戦経由の馬です。このデータも頭の片隅に置いといたほうが良さそうですね。本日のデータのみで評価すると◎マカニビスティー、〇リッカロイヤル、▲エナジーバイオといったところでしょうか。かなり穴馬ですね(笑)。