第26回根岸ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第26回根岸ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

根岸ステークス(GⅢ)は前走1着馬が(6-7-4-33)と好走しており、脚質は差し馬が(5-2-2-43)と京都ダ1400mらしい成績となっています。また、外枠(7~8枠)は(0-2-5-29)と苦戦していて連下までが精一杯といったところでしょうか。根岸ステークスは『前走1着馬』、『差し馬』、『外枠苦戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①左回りダート戦を3回以上走り未勝利の馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
エベレストオーオオトリオウジャシルクフォーチュンゼンノベラーノティアップワイルドテスタマッタ

②1400m戦に5回以上出走し、1勝以下の馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
シルクフォーチュン

③前3走内にダートの非重賞戦で6着以下が2回以上あり、斤量増の馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
ブライトアイザック

Advertisement

根岸ステークスも消し馬データも少な目ですね。データ的にはちょっと寂しいですがしょうがないですかね。本日の消し馬データをクリアした馬は9頭(全16頭)です。このうち好走データ(1)もクリアしているのが8頭で、冒頭で述べた好走馬を探す3つのキーワードのうち『前走1着馬』に該当するのがサクラシャイニートウショウカズンヒラボクワイルドの3頭です。ちょっと穴目の3頭ですので狙ってみるのも面白そうですね。あとは実績データと調教データを考慮し最終予想をしていきます。