第47回京都牝馬ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第47回京都牝馬ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

京都牝馬ステークス(GⅢ)は前走1600mの馬が(6-6-6-54)、前走2000mの馬が(4-2-0-21)と抜群の成績を残しています。脚質は差し馬が(4-2-5-41)と切れ味のある差し馬が優勢で、枠順は中枠(3~5枠)が(7-4-5-42)と有利のようです。京都牝馬ステークスは『前走1600mか2000m』、『差し馬』、『中枠(3~5枠)』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走1000万下に出走していた馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
ドナウブルーメルヴェイユドール

②前走OP特別・条件戦に出走し10番人気以下だった馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
スイートマトルーフサワヤカラスカル

③前走非重賞戦に出走し斤量51キロ以下で敗退、もしくは1馬身未満の差の辛勝の馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
ライステラス

京都牝馬ステークスの完全消し馬データは以上です。ん~ちょっと少ないの連対候補馬まで絞ってみましょう。

④前走非重賞戦に出走し、4番人気以下かつ4着以下の馬は(0-0-3-76)です。
【該当馬】
サワヤカラスカルダンスファンタジアライステラスレジェトウショウ

⑤前3走ともG2以下戦で6番人気以下の馬は(0-0-4-49)です。※前走重賞連対馬は除く
【該当馬】
サワヤカラスカルスイートマイルーフレジェトウショウ

⑥前3走とも条件戦に出走し、4着以下があった馬は(0-0-4-39)です。
【該当馬】
クィーンズバーンスプリングサンダービッグスマイルメルヴェイユドール

⑦京都芝を5回以上走り未勝利の馬は(0-0-4-28)です。※前4走内にG1戦5着以内、G2戦連対、G3戦1着馬は除く
【該当馬】
スプリングサンダーレディアルバローザ

⑧前4走とも1800m以上戦に出走していた馬は(0-0-1-23)です。
【該当馬】
エリンコートメルヴェイユドール

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は11頭(全16頭)です。さらに連対候補まで残ったのは4頭は攻略データ(1)もクリアしています。冒頭で述べた好走馬を探す3つのキーワードを考慮するとアスカトップレディ、コスモネモシン、ショウリュウムーンが良さそうです。あとは実績データと調教データも考慮し最終予想をしていきます。