第59回日経新春杯(GⅡ)攻略データ(2)

第59回日経新春杯(GⅡ)攻略データ(2)

日経新春杯(GⅡ)は4歳馬が(3-3-6-20)、5歳馬が(5-5-3-19)と圧倒的な成績を残しており、斤量が54~56kgの馬が(8-8-0-49)と好走しています。また京都2400mは極端に速い上り勝負になりやすいと言われていますが、日経新春杯でも差し馬が(6-2-5-28)という成績を残しています。日経新春杯は『4~5歳馬』、『斤量54~56kg』、『差し馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走OP特別の1800m以下戦だった馬は(0-0-0-17)です。
【該当馬】
トップカミングマゼランリベルタス

②前2走ともG3以下戦で3着以下の、斤量51kg以上の7歳馬は(0-0-0-26)です。
【該当馬】
スマートギアドリームノクターンマゼラン

③前走10kg以上の馬体重の増減があり、1秒以上の差をつけられ敗退した馬は(0-0-0-17)です。※休養馬は除く
【該当馬】
トップカミングメイショウクオリア

④2200~2500m戦で連対歴がなく、前走G3以下戦で4着以下のハンデ54kg以上の馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
リベルタス

⑤前走G2勝ち馬・前3走内G1戦0.5秒内好走歴のある馬を除き、ハンデ57kg以上の5勝以下の馬は(0-0-0-6)です。※ハンデ戦となったH6年以降のデータ
【該当馬】
ビートブラック

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭です。このうち攻略データ(1)もクリアしているのは5頭で、さらに冒頭で述べた3つのキーワードを考慮すると◎ダノンバラード、〇マカニビスティー、▲スマートロビン、△トゥザグローリーといったところでしょうか。あとは調教データと上り3Fタイムを重視し最終予想をしていきたいと思います。