第54回毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)攻略データ(1)

NO IMAGE

スワンステークス(GⅡ)は1番人気の馬が(0-1-1-8)と1番人気の信頼度が低いレースです。逆に11番人気以下の馬が(3-1-1-64)と1番人気の馬よりも好走しており、大荒れのレースが多いのが特徴ですね。また前走で6着以下だった馬が(7-3-8-84)と巻き返しが多いのも特徴です。ただし、重賞で6着以下だった馬が殆どなので、重賞以外で6着以下の馬は軽視でもよいと思います。

そして、6枠より外の馬が(7-3-5-57)と好走しており、外枠が狙い目です。スワンステークスは『1番人気の信頼度は低い』、『前走6着以下の好走』、『6枠より外』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走OP特別で2着以下だった馬は(0-0-0-39)です。
【該当馬】
クレバートウショウコスモセンサーコパノオーシャンズサワノパンサーサワヤカラスカルショウナンカザンスピリタスツクバホクトオーロードバリオス

②前走OP特別で5番人気以下、重賞(G1は除く)で10番人気以下の馬は(0-0-0-72)です。※前走連対馬は除く
【該当馬】
コスモセンサーコパノオーシャンズサワヤカラスカルショウナンカザンスズカコーズウェイ

③芝1勝以下の馬は(0-0-0-26)です。※前走重賞勝ち馬・地方馬は除く
【該当馬】
ツクバホクトオー

④前2走とも4着以下かつ斤量2キロ以上増加の馬は(0-0-0-24)です、※3ヶ月以上の休養馬は除く
【該当馬】
コスモセンサージョーカプチーノスカイノダンツクバホクトオー

⑤3ヶ月以上の休養馬のうち、1200・1400mともに未勝利・未経験の馬は(0-0-0-14)です。※マイル戦3勝以上の馬、地方馬は除く
【該当馬】
ダンツホウテイ

ここまでの消し馬データをクリアした馬は15頭(全28頭)です。本日現在、出走馬が確定していませんので多くの馬がクリアしています。ということで連対候補馬まで絞ってみましょう。

⑥前走1400mだった馬は(0-0-1-19)です。
【該当馬】
コスモピクシーサワノパンサーサワヤカラスカルツクバホクトオーフラガラッハ

⑦前走非重賞戦(地方重賞含む)で5着以下の馬は(0-0-2-58)です。※3ヶ月以上の休養馬は除く
【該当馬】
コスモセンサーサワノパンサーショウナンカザンスピリタスツクバホクトオー

⑧前走1600m以上の非重賞戦で敗退した馬、勝っても1馬身未満の馬は(0-0-1-38)です。
【該当馬】
クレバートウショウコスモセンサースピリタスミキノバンジョーリディルロードバリオス

⑨1400m戦を5回以上走り、芝1400mの持ち時計が1分20秒5を切っていない馬は(0-0-2-33)です。※前走、G1戦で3着以内・G2戦連対・G3以下戦1着馬は除く
【該当馬】
エーシンブランエアラフォンオセアニアボスコパノオーシャンズサワノパンサーサワヤカラスカルロードバリオスワンカラット

⑩芝1400m出走経験馬で、持ち時計が1分21秒5を切っていない馬は(0-0-0-20)です。※前走、G1戦で3着以内・G2戦連対・G3以下戦1着馬は除く ※1200・1400m戦で3勝以上の馬は除く
【該当馬】
グランプリボスワイルドラズベリー

⑪前走10着以下の4ヶ月以上の休養馬は(0-0-3-27)です。
【該当馬】
エーシンフォワードワンカラット

⑫前走条件戦に出走した馬は(0-0-3-20)です。
【該当馬】
フラガラッハミキノバンジョー

⑬4歳以上の牡(セン)馬で、前2走内G3以下、1400m以下戦で、斤量56キロ以下かつ1秒以上の差をつけられ敗退した馬は(0-0-1-18)です。
【該当馬】
ガルボサワノパンサージョーカプチーノツクバホクトオー

連対候補の消し馬データをクリアしたのはサンカルロ、ダイワバーバリアン、フォーエバーマークの3頭でした。結構しぼれましたね(笑)。冒頭で巻き返しが多いレースと述べましたが、特にスプリンターズSで5着以下だった馬の巻き返しが多く、連対候補に残ったサンカルロがこれに該当します。狙い目か
もしれませんね。あとは実績D、調教Dを考慮して最終予想に入りたいと思います。

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ