第66回北海道新聞杯クイーンステークス(GⅢ)攻略データ(2)

NO IMAGE

クイーンステークス(GⅢ)は前走ヴィクトリアMが(3-4-2-10)、オークスが(2-1-1-11)、マーメイドSが(1-2-2-21)と活躍しており、前走の着順でみてみると6~9着馬が(3-3-2-24)、10着以下が(1-4-3-35)と巻き返しに注意が必要です。また、年齢別にみてみると3歳馬が(4-1-1-16)、4歳馬が(1-3-3-28)、5歳馬が(2-6-6-36)と好走しています。クイーンステークス(GⅢ)は『前走ヴィクトリアM、オークス、マーメイドS』、『前走6着以下』、『3~5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走1000万下戦出走馬は(0-0-0-10)です。
【該当馬】
アグレアーブルティーエスクライ

②近3走とも4着以下だった馬は(2-2-1-31)ですが、このうち6歳以上の馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
トーセンビクトリーハッピーユニバンス

③近3走とも4着以下だった馬は(2-2-1-31)ですが、このうち前走芝戦出走の今回斤量増の馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
ソウルスターリングハッピーユニバンス

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭(全11頭)です。この6頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮するとツヅミモン、リバティハイツの3歳馬勢が面白そうです。とはいえ前走桜花賞からの参戦はデータ的に判断が難しいので本命までは微妙かなと思います。ということで本日時点での本命候補は変更せず【馬の名前は人気ブログランキングで確認】としておきます。

 

ブログランキングにご協力お願い致します。
競馬ブログ・ランキング