第34回フェアリーステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第34回フェアリーステークス(GⅢ)攻略データ(1)

フェアリーステークス(GⅢ)は中山競馬場・芝・右・外1600mで行われます。このコースは高低差が5.3mある芝コースの最高地点である1コーナー横のポケットからスタートし、2コーナーまで緩やかな下りとなります。外回りの向こう正面から3~4コーナーに向かって約4.5m下っていきます。最初の2コーナーまでは240mと短いため、外枠に入った馬は外々を回される事が多く不利と言われています。パターン的には下りをスムーズに回ってきた逃げ、先行馬が勢いそのままでなだれ込むこむ事が多いです。ただしゴール前に急坂があることは忘れてはいけないポイントで、オーバーペースで坂を迎えた馬は差し馬の餌食になってしまいます。過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。※2009年から条件・時期が変更となっていますので、08年はほぼ同時期に行われた中山・芝1600mのOP特別・菜の花賞のデータを参考にしています。

①前走阪神JFに出走
13年 3番人気3着サンブルエミューズ(阪神JF 8着)
12年 3番人気1着トーセンベニザクラ(阪神JF 10着)
11年 1番人気1着ダンスファンタジア(阪神JF 9着)
09年 1番人気1着ジェルミナル(阪神JF 6着)

【該当馬】
サヤカチャン

②過去にOPクラスの芝1200m以上で3着以内
15年 11番人気1着ノットフォーマル(クローバー賞 2着)
11年 2番人気3着アドマイヤセプター(札幌2歳S 3着)
10年 1番人気3着テイラーバートン(萩S 2着)
08年 1番人気2着スワンキーポーチ(フェアリーS 2着)
08年 2番人気3着マルターズオリジン(ジュニアC 3着)

【該当馬】
サヤカチャン

③過去に中山芝1600mで連対
17年 10番人気1着ライジングリーズン(新馬 1着)
17年 1番人気2着アエロリット(サフラン賞 2着)
16年 7番人気3着ダイワダッチェス(未勝利 1着)
09年 4番人気2着アイアムネオ(新馬 1着)
09年 10番人気3着グッデーコパ(新馬 1着)

【該当馬】
グランドピルエットジョブックコメンデュッセルドルフプリモシーン

④過去に中山コースで勝利
17年 7番人気3着モリトシラユリ(未勝利戦 1着 1※中山ダート1800m)
10年 11番人気1着コスモネモシン(未勝利 1着 ※中山芝1800m)
08年 10番人気1着デヴェロッペ(新馬 1着 ※中山ダート1200m)
07円 4番人気2着ショウナンタレント(未勝利 1着 ※中山芝1800m)

【該当馬】
グランドピルエットシスルジョブックコメンデュッセルドルフ

⑤前走芝1600m以上で1着
15年 8番人気2着ローデット(未勝利戦 1着 ※中京芝2000m)
14年 1番人気1着オメガハートロック(新馬 1着 ※東京芝1600m)
14年 4番人気3着リラヴァティ(未勝利 1着 ※阪神1600m)
13年 10番人気1着クラウンロゼ(新馬 1着 ※東京芝1600m)
13年 5番人気2着ウキヨノカゼ(新馬 1着 ※東京芝1600m)
12年 14番人気2着マイネエポナ(未勝利 1着 ※小倉芝1600m)
10年 2番人気2着アプリコットフィズ(新馬 1着 ※東京芝1600m)

【該当馬】
オハナジョブックコメンジーナスイートテトラドラクマデュッセルドルフプリモシーンライレローズレッドベルローズレネット

⑥前走500万下1200m以上で3着以内
16年 3番人気1着ビービーバーレル(赤松賞 3着)
15年 3番人気3着テンダリーヴォイス(赤松賞 2着)
12年 5番人気3着ダイワミストレス(黒松賞 2着)
11年 7番人気2着スピードリッパー(サフラン賞 3着)

【該当馬】
グランドピルエットシスルスカーレットカラー

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は13頭(全20頭)です。本日のデータのみで評価するとサヤカチャン、グランドピルエット、ジョブックコメン、デュッセルドルフ、プリモシーン、シスルあたりが面白そうですね。本日のデータのみで評価するとサヤカチャンを本命候補としておきます。