第34回ホープフルステークス(GⅠ)攻略データ(2)

第34回ホープフルステークス(GⅠ)攻略データ(2)

ホープフルステークスは2014年に重賞に昇格され、今年からさらにG1に昇格されました。開催場所、開催時期、距離は変わっていませんので過去のデータは活かせると思います。まず人気別にみてみると10番人気以下は(0-0-0-16)と軽視で良さそうです。前走のレースでみてみると新馬戦が(2-0-1-2)と好走しており、前走の距離別でみてみると2000m戦が(3-1-1-17)と活躍しています。ホープフルステークス(GⅠ)は『10番人気は軽視』、『前走新馬戦』、『前走2000m戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。
※上記データは重賞に昇格した2014年以降ですが、消し馬データは過去10年を参照しています。

①前走500万下・未勝利・新馬戦に出走し、4番人気以下だった馬は(0-0-0-32)です。
【該当馬】
ジュンヴァルロナスノシンフォニーリュヌルージュロードアクシスワークアンドラブ

②中9週以上の馬は(1-3-1-12)ですが、このうち前走非重賞戦出走馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
ウォーターパルフェサンリヴァルフラットレー

③前走未勝利戦出走馬は(0-1-2-27)と未勝利ですが、このうち前走3番人気以下だった馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
リュヌルージュロードアクシスシャフトオブライト

④前走未勝利戦出走馬は(0-1-2-27)と未勝利ですが、このうち前走ローカル戦出走馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
トーセンクリーガー

⑤前走3番人気以下だった馬は(2-4-1-62)ですが、このうち前走G2以下戦敗退馬は(1-2-0-39)で、さらに前走上り34秒以下だった馬は(0-0-0-36)です。
【該当馬】
マイハートビートシャルルマーニュ

⑥前走京都2歳S組はOP時代も含め(3-0-0-16)ですが、このうちキャリア4戦以上の馬は(0-0-0-5)です。
【該当馬】
マイハートビートタイムフライヤー

本日の消し馬データをクリアした馬は4頭(全17頭)です。この4頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮すると【馬の名前は人気ブログランキングで確認】が面白そうです。キャリア1戦馬ではありますが現時点での本命候補としておきます。