第69回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)攻略データ(2)

第69回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)攻略データ(2)

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)は2014年から阪神開催となりデータが少ないですが、1番人気が(1-1-0-1)と信頼はできそうです。前走の着順でみてみると1着馬が(3-2-1-21)と引き続き好走するケースが多く、前走のクラス別でみてみると500万下戦が(2-0-0-9)、新馬戦が(1-0-0-1)と勝ち馬がでています。朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)は『1番人気』、『前走1着馬』、『前走500万下、新馬戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。
※下記データは過去10年で中山開催時期も含みます。

①前走5着以下だった馬は(0-1-0-35)ですが、このうち前走非重賞戦出走馬は(0-0-0-3)です。
【該当馬】
アイアンクローイシマツ

②前走5着以下だった馬は(0-1-0-35)ですが、このうち前走良・やや重戦出走馬は(0-0-0-34)です。
【該当馬】
アイアンクローダブルシャープ

③前走未勝利戦出走馬は(0-0-0-6)です。
【該当馬】
ライトオンキュー

④前走非重賞戦敗退馬は(0-0-0-16)です。
【該当馬】
ファストアプローチアイアンクローイシマツ

⑤今回距離延長馬は(1-6-3-71)ですが、このうち前走G3以下戦に出走し4番人気以下だった馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ヒシコスマーアイアンクロー

⑥今回距離延長馬は(1-6-3-71)ですが、このうち前走非重賞戦使用のキャリア3戦以下の馬は(0-0-0-14)です。
【該当馬】
ヒシコスマームスコローソダノンスマッシュ

⑦キャリア5戦以上の馬は(1-2-2-31)ですが、このうち阪神開催となった2014年以降は(0-0-0-10)です。
【該当馬】
アサクサゲンキダブルシャープケイティクレバーイシマツ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭(全16頭)です。この6頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮するとダノンプレミアムが本命候補で良さそうです。